治療院で倦怠感を改善する為の考え方

管理人 2016.05.03

自律神経の乱れ

治療院で倦怠感が主訴のお客さんがきたらどうされますか?

倦怠感が治療院であまり多い症例ではないが故に、説明に悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。
しかも倦怠感は大きな病気の前触れの可能性もあるので
その点をしっかりと考えた上で施術に当たる事が重要になってきます。
この倦怠感もどのような原因で起こり、整体ではどんな考えの元に施術を行うかをお話したいと思います。

まず倦怠感が主訴の場合に覚えておきたいのは、病気の前触れである可能性があるということです。

病院での検査をしてもらう事も前提に施術をして下さい。
例えば顔にむくみがある場合は、腎臓や心臓に疾患がある可能性が考えられますので注意が必要です。
それ以外にも肝臓疾患、胃がん、大腸がん、結核なども倦怠感を伴う事があります。
生活していて常に倦怠感が有る方は、上記の疾患も頭に入れておいて下さい。

では整体で対応出来る倦怠感はどんな原因のものなのかというと

・自律神経の乱れ
・全身の疲労感
・睡眠不足
・栄養不足

などが考えられます。

整体で改善が期待出来るものは、自律神経、全身の疲労、睡眠不足です。
基本的にはこの3つは連動していると考えます。
自律神経の乱れにより、睡眠が上手く取れていない、その結果全身の疲労感が抜けないという感じです。
まずは自律神経の乱れを改善することが、倦怠感を改善する為の第一歩になります。

その自律神経を調整するポイントが頸椎1番にあります。

自律神経のバランスをとる脳に血液をしっかりと送るには、頸椎のゆがみがない状態を保つ事が重要になります。
それは脳に唯一血液を送る道になっているのが、頸椎だからです。

自律神経には、倦怠感以外にも内臓の不調や肩こり、腰痛にも影響してきます。
上記の症状でお悩みの人も是非確認してみて下さい。

また今回、ここらぼ整体院で倦怠感が改善出来たのもこの頸椎をしっかりと調整し続けたからでしょう。
倦怠感で悩んでいる人、また自律神経症状で悩んでいる人には頸椎1番をチェックしてみて下さい。

けんこうラボ入会者募集