治療院を選ぶ際の立地の2つのポイント

管理人 2016.06.13

人混み

治療院を開業する時、店舗を増やすとき、移転を考える時等にどんな立地を選ぶかで迷うと思います。立地を選ぶポイントも色々とありすぎて、何を基準にすれば良いのかも迷う事も多いのではないでしょうか。

駅前の立地を選ぶポイントや、住宅街の立地を選ぶポイント、大きさを選ぶ際のポイント。

今回はその中でも比較的大きなポイントになりやすい立地の選び方をテーマにお話させて頂きたいと思います。

まずは立地や物件を選ぶ際に決めておかないといけないポイントが1つあります。

それはどんな人をターゲットにするのかということです。

例えば若い女性をターゲットに治療院を開業しようと考えた際に
一軒家が多い地域のど真ん中に出店してもそのようなターゲットは多くはないでしょう。

逆に高齢の方をターゲットにした場合、新宿や池袋などの駅前立地などでは集客も難しくなると思います。

このようにターゲットを決めて、そのターゲット層にあうような立地を探す事がまず重要になります。そのような事を決めた上で、以下のポイントを考えてみて下さい。

ポイント1:人通りの多さ

ネット集客だけに頼るのであれば別ですが、店頭からの集客も考えるのであれば重要なポイントになります。

お店を知ってもらう為にはまずは露出する事が重要になります。
露出するには、様々な広告を打つだけでなくこのようなお店自体を目立たせる事も重要になってきます。

その為にお店の前を多くの人が通ればそれだけお店を知ってもらうチャンスが出来ます。

よく駅前立地が良いというのは、この人通りの多さというのも一つの理由になります。

実査に検討している店舗があるのであれば、実際にどれくらいの人通りがあるのかを自分の目で確かめて見るのも良いでしょう。

またそれ以外にも駅前立地を考えている場合に参考になるのが、最寄駅の乗降者数です。
「駅名+乗降者数」などと検索するとその駅の乗降者数が出てくるので、この人数も地域を選ぶ際に参考になります。

駅前ではなくても、人通りが多い場所はまだあります。

例えばスーパーの近くや商店街の中、ショッピングセンターなどです。

主婦層をターゲットにしている場合は、スーパーの近くや商店街のなどは注目したい場所です。
整体を受ける際に、整体だけを受けるのではなく何かのついでに来れるというのは多くなメリットになります。

例えば整体を受けるついでも買い物をする、整体を受けるついでにクリーニング屋に行くなど…。

整体だけだとキャンセルの可能性がある事が、買い物と一緒に整体に行くとなるとキャンセル率なども下がり結果的にリピート率が上がる事があります。

このように何かのついでに…というところも考えられると後々のリピートにも関わってきます。

しかし、人通りの多さも少ない方がよいという場合もあります。

それは不妊治療をメインにしていたり、人にあまり知られたくない場合などは
人通りが少ない場所を選んだ方がよい場合もあります。

ポイント2:遠くからも見えるか

人通りが多いという部分と近いのですが、その店舗が遠くからでも見えるかという部分も重要になります。
いくら人通りが多くても、入り口が奥まってしまっていたら認知してもらう事も難しくなります。

理想は1Fの角地が理想ですが、家賃も比例して高くなる傾向にあります。
2Fや3Fも看板などで目立たせる事が出来れば十分対応は可能です。

その為、店舗の前に看板が出せるか出せないという部分は物件を見ている時には確認する必要があります。

また路面店であれば屋根看板が付けられるのか。

空中店舗であれば袖看板の有無なども確認事項として覚えておくと良いと思います。
基本的に人間は前を向いて歩く為、正面にある情報は比較的見られやすいです。

しかし、奥まっている場合は、前を向いて歩いている時に見てもらう事は難しくなります。

その場合、店舗の付近まで来て横を向いて初めて見てもらえます。
普段道を歩いていても、なかなか奥まっている店舗をジッと見ている人は少ないのではないでしょうか。

多くの人が、歩いている正面の情報しか入っていない事が多いです。
その為、遠くからも見えるかという部分も人通りの多さと並び、立地を選ぶ際に重要になってきます。

今回は治療院の立地を選ぶ際に特に重要なポイントを2つ上げさせて頂きました。
これ以外にも重要なポイントはありますが、それはまた別の機会に詳細をお話させて頂きます。

まずはターゲットしっかりと選定して、2つのポイントに注意して物件を探してみて下さい。

ABC整体グループ加盟店大募集