治療院運営で悩む、立地の考え方

管理人 2016.06.06

街並み

治療院を始める時や、店舗を拡大する時に悩む一つに立地があると思います。

駅前の立地が良いのか、住宅街の立地が良いのか、とにかく家賃が安い立地が良いのか…。
そんな治療院の立地についての考え方をテーマにお話していきたいと思います。

どんな人たちを目的に集客したいかによっても条件は変わってきますが
立地を選ぶポイントとして考えるべき点は下記になります。

立地を選ぶポイント

・1Fか2F以上か
・駅からの近さ
・人通りの多さ
・車通りの多さ
・店舗近くの他店舗の属性
・店舗が目立つ場所にあるか
・最寄駅の乗降者数
・地区の住民数

これらの要素を総合的に判断した上で立地を決める事になります。

この中でも家賃が高い物件や安い物件などがあり、判断に困る事が多いのではないでしょうか。

店舗を借りる時にまず考えないといけないのは、家賃は固定費なので毎月払う事になります。
その為、家賃が高いという事は、利益を出すのもそれだけ大変になるという事です。

しかし、家賃を安くすれば良いかというとそういうわけではありません。

集客が出来なければ、売上をあげる事は出来ないので利益は出ません。

このように、どこで妥協するのか、どこまで払えるのかをしっかりと見極めなければいけないのが
治療院の立地を考えるのに一番難しいところだと思います。

似たような大きさの物件で立地により価格差がある場合、どう判断するでしょうか。

それは両方の店舗の比べて高い金額の部分を「広告費」として考えることです。

立地を選ぶ時の考え方

集客する時も道路1本挟むだけでも、集客数が全然変わる事があります。
クワトロで運営している店舗でも道路の反対側だと同じような条件でも10万程家賃が安くなる物件がありました。

しかし、10万円を広告費として考えた時に、それだけ集客力が上がると考えて、あえて高い物件を選んでいます。
その結果10万円以上の広告効果があり、集客も楽に出来ている店舗があります。

この考え方が無ければ、道路の反対側の10万円安い物件を選んでいたかもしれません。

ただ都内の大きな駅以外では、道路1本でこれだけ家賃が変わる事は稀だと思います。
それでも1万円、2万円の家賃が変わる事は多々あると思います。

その1万円や2万円を広告費と考えるとしましょう。

普段、1人集客するのに5,000円程かかっているとすると
その立地を選ぶ事で2人から4人を集客出来れば十分高い物件を選ぶ価値はあります。

このように考えていると、ただ家賃が高い・安い、駅から近い・遠いだけで選ぶ事がなくなります。
もっと多角的な視点から、店舗の立地を選ぶ事が出来る様になってきます。

高いには高いなりの理由があるので、その部分をしっかりと見極めて立地も考えてみて下さい。

ABC整体グループ加盟店大募集