【物販ラボ】第2号/ピッチャーvsキャッチャー?

波名城健 2015.01.22

from:波名城(ハナシロ)

今年の目標は…
『成功者から、成幸者へ』

【物販ラボ】読者の先生の
今年の目標はなんでしょうか?

けんこうラボ認定コンサルタントの
波名城です。

さて、新年一発目の僕のメルマガは…
物販ラボ創刊号の続きから
(^-^;

例えば…ここは東京、新宿。

天気は曇り空。
時は…キュルキュルっと巻き戻して

クリスマス前の買い控えで
店内も少し閑散としている
平日のパソコンコーナー。

50代半ばくらいの女性客が
ひとりで、ご来店中。

先生だったら、どんな対応をするでしょうか?

ダメダメだった頃の僕は
おもむろに、右前方から近づいて
(マニュアルくん)

『いらっしゃいませ。(作り笑顔)
表示価格よりもお安くできるので
気になる商品があったら
声をかけて下さいね。』

こんな感じだったと思います。
いやあ、ホントお恥ずかしい。

で、創刊号でシェアした先輩のあの言葉…

『まだ新人なんだから
最初はとにかく、話を聞いて
グッドニュースをグッドニュースに
伝えるだけで良いんだよ。』

まずは、言われたままに
経験値(成功パターン)が少ないので
背伸びをせず

例えるなら…

ピッチャータイプの
『話をする』声がけ接客から

キャッチャータイプの
『話をきく』声がけ接客にシフト。

まず、様子を観察。
足を止めてから2分後…

『こんにちは。新しいパソコンをお探しですか?
それとも、操作方法にお悩みがあったら
相談して下さいね!』

これで、無視されるようだったら
とりあえず、カタログを直したり
掃除したりして、深追いはしない。

でも、たいていのお客さんとは
販売までに繋がらなくても
何かしらのコミュニケーションは
できるようになりました。

意識したポイントは…

『相手が話し(ボール)を投げたくなる
キッカケ(質問)を作りながら
リードする、キャッチャー接客』

これを院内に置き換えると…

(つづく)

いよいよ次回で、第一弾
物販マインドシリーズの最終回です。
(^-^)

今日も最後まで読破して頂き
ありがとうございました!

P.S.
僕のクライアントさんは、現在
9割、クチコミのアナログ集客ですが
それでも、やはりこれがないと
イメージしにくいですよね・・・。


p.p.s.
1)施術者としても経営者としても
ハッピーになれる商材

2)その使い方、魅せ方

3)そして、仲間

これらが、同時に手に入るとしたら・・・

そんな【けんこうラボ】に
本気で興味がある先生は
波名城まで、ぜひご連絡ください!
kenkenpa.labo@gmail.com