【物販ラボ】第8号/慣れとクセ。

波名城健 2015.04.16

from:波名城(ハナシロ)

あーーー!

そういうこと?

でも、違うかもしれないし…

んーー・・・
今度にしよう。

って、やって遠回りするのが
うまくなってしまった
波名城です(苦笑

さて、今朝は、そんなことを思いついた
ある寝坊した定休日の朝のできごと

僕って、お客さんとか患者さんとか
思ってないんですよ

もちろん、人間にあまり興味がないので
家族!
とかも思わないです。
(仲良くなれば別ですがw)

で、ピッタリのワーディングが僕の中にあって
それが『クライアント』

つまり、ご依頼者。

先日、某セミナーに参加したんですけど
それは、受講者目線ではなく

本当の目的は、講師目線。

そして、どっちに転んでも
このメルマガのネタになるかなぁと。

で、セミナーで気付かされたのは

どうやら
『クリア』する(させる)のが好き。

そういえば、ゲーム好きでしたし
RPGとかも、いかに最短で・・・
いかに低レベルで
クリアしようか・・・とか

話を物販に戻すと…

宣伝マンになってませんか?

っていう話。

少しでもビジネス臭がしたら
そんなつもりが本人になくても

相手からしたら
勘繰ってしまい
売れません。

ましてや、目の前の人が

痛みや痺れ、コリを取りたい

の前に

施術を受ける

ってのが、間に1個挟まってると
余計に。

いやいや、マクラとかサプリとか
どーでもいいから

今、揉んでくれよ。

みたいな?

・・・家族レベルまで
行ってしまうと
なんでも買ってくれますけどね。

まずは、需要と供給。

依頼と提供。

価値と感動。

この辺りを一度
シュミレーションしてみると
クリアできちゃうのかも。

なんでも、すぐ行動できるタイプ

・・・ではなく、一度、頭で考えたり
腑に落としてから、実行するタイプの先生には
オススメかもしれません。