【物販ラボ】第21号/探し物はなんですか?

波名城健 2015.11.07

s_magnifyingglass

from:波名城(ハナシロ)

最近、僕のセミナーに出られた方は
耳にしたかもしれませんが…

最近、めっきり寒くなり
沖縄へ帰りたくなる症候群が
発病中な宮古島出身の波名城です(苦笑)

さて。(←編集点)

治療家以外の読者さんが
いらっしゃるかもしれませんので
適宜、ご自分の環境に
リネームして読み進めてみてくださいね。

で、治療家さんって…
「悪いところ」を探すのがうまい。

っていうか、プロです。

という話を3回前の物販ラボの
文末で触れたのですが
覚えておいででしょうか?

・・・(思い出し中)

ね?
覚えてないでしょ?

僕も覚えてないですもん(苦笑)

あ、覚えてくださった方は
本気でありがとうございます!
今度、一緒にお好み焼きでも
食べに行きたいくらい嬉しいです(笑)

さて、何が言いたいかというと
本当の?
本来の??

探し物や求めている事って
何なのか?

を最初に共有したら
治療も物販も、めっちゃ楽。

1)先回りして
2)提案して
3)提供する

ただ、それだけ。

僕は、方向音痴なので
電車なんかは特に
乗換案内(アプリ)が必須。

上の流れを当てはめると・・・

1)目的地を入力して
2)ルート候補を選択して
3)切符を買い、その路線に乗る

みたいな。

クライアントさんの希望や
院内の方針によっては(6回1クールなど)

1)の目的地の欄に
日付なんかを入れると
より具体的なプランが
提案できそうですよね。

そんなわけで、クライアントさんの
ゴール達成への旅を
アテンドするように
物販も提案してみては
いかがでしょうか?

もちろん、意図的に。
道筋をたてて。

そのためには、カラダもそうですが
ココロやアタマとのコミュニケーションも
とってあげると、「物売り販売員」に
ならなくなり

納得して、満足してくれると
思います。

一人あたりの時間配分もあり
全員にはできないかもしれませんが
予約制であれば、まずは、前日の夜にでも

「この人には、この話を・・・」
みたいに、イメトレしながら
寝てみるのもまた良いかも。
(興奮して寝不足になってしまったら
すみません)

波名城。
kenkenpa.labo@gmail.com