【物販ラボ】第24号/おねだり。

波名城健 2015.12.17

s_eyeline

from:波名城(ハナシロ)

今年最後の物販ラボは
先月で、4歳になった愛娘との
体験談を元にした気付きを
赤裸々に(?)シェアしようかと。

外に出ると息も白くなり
沖縄出身の僕としては
出不精に更に磨きがかかり
デブ症になりそうな予感。

さて、そんな某I先生も
ビックリのオヤジギャグは
さて置き(苦笑)

人を動かす・・・というか
「おねだり」上手だなあ

と、我が娘ながらに思ったワケで。

アンパンマン

しまじろう

プリキュア

…ときて、現在ハマってるアニメが
「ここたま」

最初は、「びっくらたまご」
(たまご型の入浴剤の中に
おもちゃが入っているヤツ)かと
思ったのですが、どうやら

おもちゃコーナーでその
商品を見る限りは

「シル○ニア・ファ○リー」的な
それと、よく似ているような。
と、思いながら眺めていたら

娘、いわく

「物を大切にしていると
魂が宿ってね、神様が出てくるんだよ?」

と。
(買って! とは言わない)

そのアニメの「設定」なんでしょうが
真面目な表情で見つめられ、4歳児に
そんな事を言われると、なんかこう…

ねぇ?

はい、買わせて頂きましたよ(苦笑)

つ・ま・り。

このサプリや健康グッズを売るためには…
って、あーだ、こーだ
試行錯誤するより
(↑も、経営者としては大事ですけどね)

正直な気持ちを
ぶつけてみる。

あ、ソフトにね。
(でも、時に厳しく。)

必要だと思ったら(思ったから)
その気持ちをまず
届けてあげる。

そこで最後に提案するのが
「こちらの商品」

といったフロー。

で、主役…選択権は、あくまで
相手(患者さん)なわけで。

先日、僕から技術コンサルを
受けてくれている先生とも
話していたのですが

「断られたら、どうしよう」

とか、そもそも

「どうやって勧めて良いか
分からない」

って、ベクトルが相手じゃなくて
自分に向かい過ぎだよねー。

みたいな話をしていたのですが
そこは、理想と現実。

「最初」は、みんなそっからですよと。

僕の場合は、基本的な性格に
仲良くなった人には

「良いもの、サービス…は、シェアしたがる」
というスペックがあるらしいので

逆に、言い過ぎ(僕のペースで)ないように
気をつけていますが、それはまた
来年にでも。。。

さて、今日の患者さんにとって
先生ができるアドバイスや
最高で最幸なプレゼントとは
なんでしょうか?

というわけで、1ヶ月に2通ずつ
1年間に渡りお届けした
この物販ラボ。

毎回、読んでます!
って先生も

たまに読んでます。
って先生も

今回が初めましての先生も

一年間、ありがとうございました!

来年も、またパワーアップしつつ
僕なりの視点をシェアして

僕が直接、会う事のない
患者さんたちを笑顔に元気にする
お手伝いをこのメルマガ・・・

物販ラボを通じて、続けていきたいと思います。

というわけで
クリスマスもまだですが

素敵な年末年始を
お過ごしくださいませ!

波名城。
kenkenpa.labo@gmail.com