ある人は結果がでるのにある人は結果がでないのか?

石水孝幸 2014.08.27

よくこんな事を言う人がいます。
「先生が言われていた通りにやったら
 売上が上がりました!」

けどある人は 
「先生に言われた通りにやってみたん
 ですが・・・。今はまだ効果はありません
 でした。けどこれからじわじわ効いてくると
 思います。」

この2人の違いはなんだー!
とこれは僕の心の叫びですが・・。 

これはなんの話かと言うと
この2人の先生にリサーチの仕方 
を教えた1ヶ月後の経過報告を聞いた時の
話なんです。 

リサーチってなんだと思う人もいるかと
思うので解説をしておくと 

僕が主催する勉強会でよく言うのが 

【事実を基に全ての物事を考える】

という事。

リピート率を上げたいのであれば 
患者さんに、なぜうちの治療院に選んだのか?
なぜ、競合があるにも関わらず通院を続けている
のか?

物販を売るのであれば、なにが困っていてうちの
商品に興味を抱いたのか? 
他と比べた時の項目はどんな事があるのか? 

など患者さんに徹底的に聞いていくのです。
これをリサーチと言います。 

患者さんはこんな事で悩んでいるのではないか?
リピート率が悪いのは○○の事が原因なのでは? 
逆も同じで、リピート率が良いのは○○だと思います。

この思いますやたぶんそうだろうみたいな
考えははっきり言って経営をしていく上では
なんの価値も見いだしません。 

これを言うとそんな事言ってたら
アップルがiPhoneを生み出す事もできない
リサーチなんかすると逆によくないんじゃないか
と言う人がいます。

はっきり言えば治療院ビジネス
みたいなローカルビジネスにおいて
そんな革新的な商品なんかいらない。 

ちゃんとあなたが求めているものが
ここにありますよってわかるように
して人を集める。 

そんで、あなたの症状を改善するには
これぐらいの期間と頻度が必要ですよ
って言うのを伝える。 

まあ簡単に言うと後はこれを繰り返す
だけでいいんです。 

それをマーケティングやなんやかんやと
小難しい事を少し勉強して物事を難しく
考える事が上手くいかない原因になって
いたりするから困ったもんです。 

話がそれましたが、基本は患者さんに
リサーチをするという事はこんな事な
んですが。 

これをある2人の先生に教えたら
結果がでる人とでない人がいたって話 

じゃあなぜ2人に違いがでたのか? 
原因はほんの少し、タイミングがずれていたんです。

成功した先生は、施術中に患者さんにリサーチを
かけていました。

成果がでていない先生は、来院してすぐにリサーチ
をかけていました。

えっそんな事で?
と思われるかもしれませんが、やり方(質問の仕方)
は一緒けどほんの少しのタイミングが違うだけで
患者さんから得られる情報がまったく違う。 

よくセミナーとかにいくと
マインドの話をされるコンサルの人がいますが 
それだけではないという事。

やり方はあってるけど、タイミングが
ほんの少しずれているというだけで得られる
効果がまったく違うというのが現実にありま
す。 

これは紹介でも
リピートでも
物販を売る時でも 
まったく同じ考え方なんです。

もし、色々なセミナーや勉強会に行ったけど
効果があまりなかったという人がいれば、
新しい手法ややり方にとらわれるのではなく

今行っている施策のタイミングを変えるだけ
でも効果が違うかもしれません。 

以前にリピート率を上げる勉強会で
○○のタイミングである一言を言うだけ
で劇的にリピート率が上がったという
のもあります。 

ぜひぜひ、この考えを覚えておいてください。 

PS 前回紹介した僕の分院展開セミナーも
半数の席が埋まりましたありがとうございます。 

メールでたくさんの質問を頂いたので一部ここで
お答えしたいと思います。 

・今は分院展開はまだまだ先の話ですが 
 そんな自分でも参加して得られるものは
 ありますか? 

はい。もちろん得られるものはたくさんあります。
現実に前回のセミナー参加時
月商120万ぐらいの先生が 
1年立たずに420万を超える売上と
分院展開をするまでの成果を手にして
います・。 

・スタッフをこれから採用するのですが
 採用・教育の話もあるのですか? 

分院展開において【人材】は大事なポイント
になりますので、この部分もしっかりお伝え
します。 

・整骨院では無いのですが、整体院でも使える
 内容ですか? 

現在当院のグループ展開は整体院を中心に
行っていますので保険の取り扱いが無くても
充分参考になります。 

ほんの質問の一部ですがなにか参考になれば
詳細を知りたい方はこちら・・。