ちゃんと見えてる??

石水孝幸 2014.10.22

「恋は盲目」という言葉がありますね。
聞いた事はあると思います。 

ある人に恋をしてしまうと、夢中になって
しまい本来みるべき姿を見失ってしまう
という事ですね。 

これが若い女の子におきているだけなら
いいんですが、それとは違い我々経営者にも
おきてしまいがちなのでその事について
書いていきます。 

少しマーケティングを勉強した人なら
【商品に恋をするな】
という事は聞いた事があると思います。

どういう事かというと
自分が取り扱っている商品に入れ込み
すぎると経営上よくないという事を言って
いるんですね。

例えば、僕らが扱う商品と言えば
まさに僕ら自身が商品になると思います。
そして、まさに治療家と言われる僕らは
治療技術を高めていくという事を盛んに
行われています。

でもそれだけでは治療院が流行る
とういわけではない。
という事がわかると思います。

治療院に来てもらう為の方法や
患者さんにリピートをしてもらう説明
来なくなった患者さんをもう一度来て
もらう方法などなど

色々あると思います。
そう治療院でやる事は治療技術を高める事が
すごく大事ですが、それ以外にもする事が 
たくさんあるという事ですね。

それが商品=治療技術に恋をしてしまうと
それ以外に大事な事を見逃してしまう。

という事です。 

大事な事はバランスだと思います。
患者さんが来てこそ治療義技術を高める事
ができますしその治療技術を使ってさらに
多くの患者さんを喜ばす事ができれば更に精度
が上がるという好循環を生み出します。

まあここまではよく言われている事ですが
僕が言いたい事はそういう事ではなく 

少しマーケティングなんかを
勉強すると、その手法に取り付かれて
しまったかのようにそれに集中してしまう
そして本来見ないといけないものを見えなく
なってしまう。

まさに盲目の状態になってしまうわけです。

例えば

・PPC広告をやりましょう
・YouTubeの時代だからやりましょう。
・リピートをとるにはこんな問診の仕方で 

などなど色々ありますが、手法に取り付かれて
しまう。

治療技術だけを単純に追い求める人もいれば
儲けたいという事を考え過ぎて手法に取り付かれ
しまう人もいるので怖い事ですね。

じゃあ本来見るべき事はなにか?
治療的に言えば患者さんの体の動かし方
動いているときと止まっているときの
体のクセ・患者さんの表情から目の使い方
まで意識してみる事が必要だと思います。

そして経営的にもリピートをとる為にも
大事なのは 

【患者さんの頭の中を見るという事】

患者さんが何を考えてここに来たのか?
患者さんは何を不安と思っているのか? 
患者さんはどんな希望をもっているのか? 

そうすべては患者さん自身に答えがあります。
患者さんの症状を見るだけでなく患者さんの
頭の中を見るクセをつけるという事です。

それを見ないで自分の勉強をした事だけを
やってみたり、言いたい事を言っているだけ
では何も変わりません。

本当に見るべき事は患者さんの頭の中であるべき
それを理解できたら一気に治療院が変わります。

ぜひ今症状だけを見ているのであれば
少しこの考えを取り入れてみてください。

PS もちろん治療も大事です。
その治療の中で一番大事な事は基本です。
基本を学ぶなら・・・。