やっぱりこれが一番効果あるな

石水孝幸 2014.09.03

先週は名古屋で先月過去最高の売上を
更新した先生との個別ミーティングで
した。 

まだ出会って半年ぐらい?
あいまいですけど、これで2回目の
過去最高の売上を更新という事で
嬉しい限りです。 

出会った時からすでにある程度の売上
はあったけど、交通事故の集客で売上
が上がっていたのでこのままでいいのか
という不安があったそうで、僕の所に
きました。

この先生と会った時から言っている事が
あります。
それはなにか? 

それは新規よりも既存の患者さんを大切に
というこのメルマガを読んでいる人なら誰
でも知ってそうな事。

けど、やっぱりこれが一番重要なんだなと
認識しています。

先月の取組みでさらに既存の
患者さんのフォローを徹底して
もらいました。

やり方は簡単。 

・電話 
・ハガキ 

でその人の状況に合わせてこちらから
アプローチをするだけ。 

めっちゃ簡単やけど、効果はやっぱり
あります。 

その先生いわく 

「再来につながるのもそうだけど、患者さん
 の事を少し深く理解できたり話ができました」

そんな感想をもったそうです。
そう電話して来いよというだけでなく
電話をする事によって患者さんの事を
より深く理解できたりします。 

売上が下がっている・・。
なかなか売上が上がらない・・。

こんな風に焦っている先生は
多いのかもしれません。

けどやはりそれでも来てくれて
いる患者さんの事を理解する事は
すごく大事な事です。 

よく先生の院の強みは?
と質問をすると1人よがりな事を
言っている人が案外多かったりします。

じゃあそれって真実ですか?
って聞くと・・たぶんそうだと思います。
てな答えが返ってくる。 

それってすごくもったいないなと
思うんです。

だって来ている患者さんは
誰よりも先生の院の事をわかって
います。 

患者さんは先生の院の事をわからない?

もし来ている患者さんに
なんでうちの院に来ているのって
聞いて近いからっていう理由しか
ないんなら落ち込んでないでもっと
積極的に先生の院の良さを患者さんに
伝える努力をしないといけない。 

患者さんが知らない事は 
無いのと同じですから。 

既存の患者さんをもっと理解する。
来なくなっている患者さんに電話や
ハガキでちゃんとアプローチをする
って簡単だけどすごく大事だなって
今回の先生の話を聞いてて思いまし
た。 

もしそういう風に患者さんに対する
フォローをしていないならちゃんと
してみてください。 

またしてるけど、なかなか上手くいかない
という先生はなにか間違えているのかも? 

これは直接質問してください。 

ちなみにこの先生は限界を
超えるという宿題をだして
いたので、新規数でも過去最高を
だしてました。 

すごく良い事ですね。
そんなに難しく考えずに正確な型を
覚えて後は行動をするとまだまだ可能性
は広がります。 

ぜひ行動をしてみてください。 

PS あなたがもし今の現状に満足して
  いないならこのセミナーがなにかの
  きっかけになるかもしれません。