スタッフ教育を成功させる2つのポイント

石水孝幸 2014.01.22

久しぶりに時間があいたので長野にスノーボードに
行って全身筋肉痛の石水です。

なにせ初めてやったので、最初は足が痛いし何回も
転ぶからいつの間にか前腕は痛みがでだすし首は
ムチウチ状態になって大変でした。

それでも何回か滑るうちにそれなりにすべれるように
なるから不思議です。

教えてくれた人が上手かったんでしょうが、やるうちに
ちゃんと滑れるようになって楽しくてまたやろうと続けて
いるうちにだんだん自分でも上手くなってきたのがわかり
ました。

おっこんな感覚は自転車にのれた以来で
すごく楽しい一日でしたね。

自分の運動神経が良かったから?
ではなく指導者が良かったんでしょ。

これってスタッフ教育と一緒だなと思って感心して
ました。

こんな所でもやっぱり仕事の事を考えているのが
悲しいですが・・・。

なにが一緒なのか?
少し解説していきます。

【一度に悪い所を何個も指摘しない】

できる人から見たら僕のすべりは最初めちゃくちゃです。
まさに新人スタッフの行動のようにね。

だからついつい指摘しすぎちゃう。
けど僕が教えてくれた人は全体を見て一番直さないと
いけない点だけを集中して言います。

僕はとりあえずそれだけに集中するとさっきより上手くいく
そしたら楽しくなるんですね。
だから次はどうすればいいか聞いてしまう。

そんな好循環が生まれます。
でもスタッフ教育の上手く無い所はとりあえず目についた所を
色々指摘する。

スタッフは迷ってしまい、また指摘される。
それを繰り返していくとまた失敗すると言われるんじゃないかと
萎縮してしまいまた上手くいかないそうすると・・。

といったように悪循環が続きます。
これは患者さんに指導する時も同じで色々体が悪い
と色々指導してしまいがちですが結局覚えていないと
いうことはあると思います。

結論:まずは一番言わないといけない事それに集中する
   それができたらちゃんと褒める!!

わかっていても意外とできないので、すごく大事な事です。

もう1つの気づきは

【終わり良ければ全て良し】

ある程度できるようになると次に次にとやりたくなるのですが
ここはある程度できた時点で終わりにする。

気づかない内に体に疲れもたまっているし
次の段階に進むにはまた頑張らないといけないのですが
無理にやろうとするとその壁に嫌になってしまって
せっかくの楽しい気持ちがなくなってしまう。

まだもう少しやりたいなという所で終わりにすると
次も頑張ろうと思う気持ちのまま終われます。

スタッフ指導の時もできるようになったら次はこれも
そしてこんな事もできるだろうと思ってやらせ過ぎて
しまう。

スタッフからしたら、まだこんなにやる事がいっぱい
あるのかと少し嫌になって終わるとモチベーションが
下がってしまいます。

どれだけできたという気持ちのまま終わらせるかが
大事になってきます。

ここまで考えて指導している人はあまりいないと
思います。

【教育は継続が命】

いかに早く育てるかよりいかに楽しく継続させるかが成長には
必要になってきます。

そんな視点でやるとスタッフの成長も早くなり、結果的に院の
繁栄につながります。

ぜひこんな視点を持ってスタッフ教育に取組んで
みてはいかがでしょう。

スタッフがうちにはいないよ・・・。
そんな先生は自分自身の成長の時も同じですから
ぜひ1人でもこの2つの事を意識してみてください。

PS スタッフ教育だけでなく今後の成長にヒントに
  なるセミナーはこちら。

今の自分を変えたい方は

【編集後記】
僕は今大阪にすんでいますが、どんなに気温が下がっても
氷点下になるのは珍しいですが長野は-13でした。

あまりにも寒くて大阪に帰って来たら全然寒さを感じないから
不思議ですよね。

自分のコンフォートゾーンをでるというのを気温によって
体感できました。

もしあなたが今のままじゃダメだと思っている事があるのであれば
すでにそれをクリアしているコミュニティに入る事をお薦めします。

いつのまにか自分の感覚が変わる事に気づくと思います。
人はその環境によって成長の度合いが変わりますんで。
誰と接するかによって自分のレベルも変わってきます。
ただ寒さはなかなか慣れそうにありません。