リピート率90%を超えるスタッフが行う事

石水孝幸 2014.07.09

前回に新人スタッフがたった1ヶ月で
リピート率60%伸ばしたという事を
書きましたが、それが良かったのか

「今回の内容は秀逸でした。」
「自分の足りない点がわかりました。」

などすごく反響が多かったです。
前回はスタッフを育てる上で重要な視点を
書きました。
今回はそのスタッフが実際になにをしたのか?

実際に 
「そのスタッフがすごく優秀だったんでは?」

と思っているかもしれませんが、ここで言う
のもなんですがひいき目にみても優秀という
わけではありません。

ただすごく素直ではあります。。
それ以外は普通。

ではそのスタッフは実際に何をしたのか?
の前に大前提を話しておきます。

1つ質問です。
先生の所には問診やその後の通院の際に
話す内容をまとめたマニュアルはありますか?

マニュアルというと、あまり良いイメージを
もたれないかもしれませんが、スタッフがいる
のであれば必要だと僕は思っています。

うちのグループでは基本のマニュアルが
あります。
まずそれを覚えていないと、施術に入る事は
できません。

もし、これを読んでいる先生の中でそんなの
用意していないというのであればまずは作って
くださいね。

では本題に。

1 マニュアルをもう一度自分で書き直す 

支給されたマニュアルをもう一度自分で書き直し
それを見直してみたそうです。

それをすることによって、今の自分はどこの
部分の時が弱いのか?
どこの部分が言いにくいのかを明確に
わかったそうです。

2 準備をする 

新患さんであればどんな事で悩んで来るか?
既存患者さんであれば前回にどんな事を話て
いたか?

予めカルテ情報を調べたりわからない事があれば
先輩に聞いたりして心の準備をするようにした
そうです。

これによって患者さんに会っても緊張をしない
ですむようになり、話も自信を持ってできる
ようになったそうです。

3 日記をつけて見直す事を徹底する

うちのグループではスタッフは業務終了後に
日記をつけるようにしています。
それをしているおかげでどんな事が上手く
いってどんな事が上手くいって
ないのか?
そういう事を知り常に意識をどこに
持つかが成長の上で重要になります。

こんな風にやった事はそんなにすごい事
はしていないと思いますがそれでも結果を
だします。

前回に書きましたが、スタッフは勉強会
で勉強の方法を指導されます。
そこで1つは何に集中して時間を使うか
という話をします。

成長の大きなポイントが

【最も重要な要素にまとまった時間をとる】

この事を徹底するようにします。
このスタッフはリピート率向上の為に
必要だと思う事を絞り込み、後はそれに時間
をとる事をした。
という事になります。

なかなか成長しないスタッフは
今の自分にとって何をしないといけないかという
事がわかりません。

なので、色々な事を頑張ってやるだけで
結果に結びつかない事が多くなってしま
います。

まずは、自分がやるべき事を絞る事。
絞った事柄を、達成する為に必要な
要素はなにか?を考えます。

この時は何をするかが重要ではなく
行動を起こす事を優先していきます。

そして、必ず見直しをします。
そのように行動と見直しができれば
期間は違いますが、必ず成長をする事が
できます。

今回のスタッフもそうですが、人間自信を
持つ事ができると一気に成長します。

この自信を持つというのは
自信を持てといわれただけでは普通は無理です。

自分の行動の結果が出たとき
そしてそれを他者に認められた時に
初めて生まれてくるものです。

その自分で考えて行動する。
そしてそれを認める・ほめるという。
成り立ちがあってこそ人は伸びていきます。

前回も書きましたが、肯定的な確信が
できていなければ上手くはいきません。
すぐに上手くいくスタッフもいますが
そうでないスタッフもいるので焦らず
やりましょう。

PS 経営者自身もスタッフでも成長する為には
基礎を固める事が重要です。
基礎固めにはこれがおススメです。