新規集客ができないと困っている方へ

石水孝幸 2015.02.18

from 石水 孝幸

新規集客ができない。
昔に比べて新規が減った。
新規集客で何をしていいかわからない。

もしそんな悩みがあるのであれば
今回の記事は参考になると思います。 

前回の記事を読まれた方は
その続きを話していきます。 

大事な事はポジショニングを
しっかり決める事が重要になります。 

これが決まっていないと
どんなキャッチコピーでそれを
表現するのか? 

どんな事を患者さんに伝えるのか? 

という事が決まりません。 

ポジショニングというのは自分が
どんな分野で戦うのかを決めていくという
作業になります。 

例えば美容という分野で戦うのか? 
急性期の患者さんを相手にするのか? 

これだけもかなり違いがあるというのが
わかると思います。 

自分がどんな分野で勝負をするのか?
という事はキャッチコピーやHPを上手く
作るという事なんかよりかなり大事な事です。

分野を間違えると
途端に成果を発揮できなくなったり
します。

自分が一番力を発揮できる事 
またなおかつそこに院を成長させる事が
できるだけの充分な見込み客がいる事 
というのが条件になります。 

ではポジションを見つけるというのは
具体的にどんな事をするのか? 

それは・・・。

まず自分の強みを50個書き出す事 
それをまずはやってみます。 

そして自分の強みをしっかりだせたら 
その強みの中で自分の対象となる患者さんが
見た時に強みだと思っている事を明確に 
します。 

それがわかれば、こっちのものです。
ここはポイントですが、自分で感覚的にわかる
人はいいのですが、ポジションなんか考えた事が
無いという人がいきなり考えたりすると 
失敗するので、しっかり自分の対象になる人
既存の患者さんに意見を聞く事が大事です。 

自分の患者さんが先生方の院を高く評価
しているのはどこなのか? 
それを明確にするという事ですね。 

そして上位2つに絞りそれを表現します。
表現する媒体はどうやって選ぶのか?

それは自分の対象となる人が一番近い
媒体を選ぶという事になります。 

高齢者の方であれば新聞折り込み
30代の女性だったらスマホかな? 

という具合に仮説を立て
それを検証していく事になります。 

ねっすごく簡単でしょ。 

言ってみるのは簡単。
でも行動しなければなにも変わりません。 

あなたが新規を伸ばしたいので
あればこの方法を使ってぜひ自院の
ポジショニングを作り直してみては
いかがでしょうか? 

PS HPにもリピートにも型があります。 
  それを理解しておかなければ、上手く
  成果をだす事ができません。 

 もしあなたがそんな事で悩むのあれば
この商品がおススメです。