新規集客において

石水孝幸 2015.02.04

from石水孝幸

皆さんこんにちは。
最近グーグルのアドワーズの出稿停止が
話題になっていますね。

それによっていきなり新規集客ができなく
なったという話しはあまり聞かないので
限定的な効果だと思います。

ただ慌てている人がいるのと同じぐらいの
人がすごく忙しくなっている。
っていうのも事実ですね。

うちも新年からすごく忙しくなっています。
すでに新規はそんなにとれないのですが
問合せが止まりません。 

新規集客ができない人と新規集客ができる人との
違いは一体なにか? 

キャッチコピーの上手さ? 
HPの見栄え? 
PPCの広告費? 
いっぱい広告をまく? 

色々な要素がありますが。
どんな違いがあるかを解説していきます。

1 マインドの違い 

新規集客はテクニックだと思っている人が
いますが、そうではありません。
まずはマインドを変えないといけません。 

新規が少ないっていう人の中で
こんな人がいます。 

実はあまり新規が来てもらうと困る。
初診の人の話しを聞く事はすごく苦手
なので、あんまり来てほしくない。 

実は深層心理の中で拒否してしまっている。 
そんな人いないよ?
と思うかもしれませんが実はいるんですね。 

まずはマインドを変える。

この時のポイントはいっぱい集客をしたい
という事ではなく、どんな人に囲まれたいか? 

どんな人があなたの院に来ると、
あなたは一番嬉しいのでしょうか? 

それをしっかり考えるという事が大事ですね。 

2 他とは何が違うか? 

現在のHPはほとんど同じような事が
書かれており、院名を隠したらほとんど同じ
ような物ばかり。

そら患者さんが迷うのも無理がない。 

HPでもチラシでもエキテンでも何を書くか
というより、他とは違うという事を伝えないと
いけません。 

地域に30院あったとしても、
1院1院まったく同じという事は
無いと思います。 

それを表現していない所が多いんです。 
なんとなく、HPがあって
なんとなくキャッチコピーみたいなものがあって・・。

それではいけませんね。 

ではどういう風に違いを出すか? 

まず一番始めに、

・問題点を喚起する 

まずどんな問題点を解決するのかが
わからないと意味がありません。 

治療院だから体の痛み? 

それしか思いつかないというのは問題です。 

例えば自分のライバルが病院だとすると

・待ち時間が長い 
・薬を使うのが嫌 
・先生が偉そう 
・説明がわかりにくい
・アクセスが悪い 

というようにライバルの問題を列記します。 
それらとは違うという事を書いていきます。 

そしてこういう問題を解決できる上に体も
良くなるという事を明示していくのです。 

ここまで考えるだけでもかなり難しいと
思います。 

という事で今回はここまで
次回は続きを書いていくので、新規集客を
伸ばしたいと思っているのであればぜひ
ここまではやりきってください。 

次回は新規集客の数が一気に変わる
ポジショニングの考え方について書いて
いきますね。