本を読むのは役にたつ?

石水孝幸 2014.06.25

一ヶ月にどれぐらいの本を
読みますか?

この質問してなにか意味がある
のかは疑問ですが、なぜかよく
される質問です。

僕は毎月30冊~50冊ぐらいを
読んでいます。
多い時は100冊を超える事も
ありますね。

そういうと皆驚きます。
でもこれにはカラクリがあって
漫画も含んだ数だから必然的に
多くなります。

おいおい漫画かよ。
と思われたかもしれませんが
僕にとってはダンケネディより
素晴らしいと思っているぐらい
良いヒントをもらいます。

自己啓発の本を読んでなにか
感化されぐらいなら、漫画の
方がよっぽど為になります。

それはなぜか?
よく自己啓発の本なんかに
書いてある、人間の能力は
90%は眠っている。

潜在能力を発揮できれば
どんな事でも叶う。

そんな言葉を信じて明日から
頑張ろうみたいな事を思って
も長く続かない。
何をとち狂ったか、高額セミナー
にまで行きだして・・・。

これ以上言うと批判をくらいそう
なのでおいといて。

意味の無い本を読むぐらいなら
漫画を読む方が余程メリットが
ある。

ではその見方を紹介しておきます。

・時代の流れを読む 
売れている漫画は時代の流れに合って
いる事が多い。

70年代であれば反社会的
なヒーロー
バブル期は都会的な恋愛物
またヤンキー漫画など
バブルが崩壊したら経済や
裏稼業を扱うもの

こういう風に漫画には時代の
流れにあったものが存在する。

では今はどんな物が流行って
いるのか?
それを読み取るだけでも大きな
アドバンテージになりますよね。

・キャラクターを見る
愛されるキャラクター
憎まれるキャラクター

これをしっかり描いて
います。
このキャラクターのどこに
その愛される秘密があるのか?

特に大事なのは憎まれるキャラに
はどんな共通点があるのか?

それを見抜く事です。

よくコミュニケーションを良く
したい。
技術を良くしたい。

多くの人は良くするという事に
フォーカスをしますが、それ以前に
もし今の自分がその部分が良くない
のであれば、まずはスタート地点に
立たないといけません。

スタート地点?
それはコミュニケーションであれば
話す以前にその人に嫌われないよう
にしないといけませんよね?

技術であれば、技術を行っても良いか
どうかの見極め(禁忌)かどうかをわか
らないといけませんよね。

そういう風にまずはこのスタート地点に
立っているかどうかを考える必要があり
ます。

そういう意味で嫌われるキャラの共通点
をしっかり見抜く事によって
それをしないように自分にその
クセがあるのであれば改善する
事ができれば良いですね。

こんな風に漫画も活用する事が
できますのでぜひぜひ活用して
みてください。

あと・・。
漫画の作り方は院経営のシステム
にもすごく参考になります。

連載漫画は編集者の人間と作者が
膨大な資料を基に取材を重ねそれを
作者の意見だけにならないように
編集者が客観的な目で意見を言う

それに付け加え、読者から
のアンケートもあるので読者の声を
反映した構成やキャラの入れ替えな
ども行われる。

そんな風に色々な手順があります。
これを院経営に置き換えると

ちゃんと意見を定期的に
客観的に言ってくれる人
がいて、患者さんからの
意見を定期的に吸い上げる
仕組みを持つという事に
なります。

非常に簡単ではありますが
そういう事を仕組み化できて
いない所はすぐに取りかかる
とまた違う結果につながると
思います。

では今日はこのぐらいで。
なにか参考になる事があれば
嬉しいです。

PS 漫画から得られる知識と
生の情報であればやはり生の
情報に限ります。

あなたがもっと成長したいの
であればこの協会に入る事を
お勧めします。


http://www.hiroukaifuku.jp/nyuukai/3/letter1.html