絶対知っておかないと損をする数字・考え方

石水孝幸 2015.04.29

from石水孝幸

もうすぐ、GWというかもうGW? 
なんか気づけば時間だけが早くすぎて
いますね。 

時間は平等ですが、結果は人それぞれ
ですね。

僕の勉強会にも色々な先生が参加して
いますが努力の仕方を間違えるとせっかく
の時間が無駄になってしまうという話しを
今日はしていきます。 

治療院をしていくうえで、というより
商売をしていくうえで絶対に知っておか
ないといけない公式があります。

少しマーケティングを勉強している人で
あれば絶対に知っている公式です。

それは 

【客数×客単価×購入回数】

という事です。

知っているという人も多いと
思うので簡単に説明をしていきます。 

客数=お客さんの数ですね。 
1ヶ月でどれぐらいの患者さんが
くるのか? 

その内訳は新規と既存の人の割合
はどれぐらいか? 

それぐらいは頭に入ってますよね? 

客単価=患者さんが1回どれぐらいのお金を
使うのかという事。 

ここら辺、知らない人もいるので 
是非とる事をお勧めします。 

購入回数=来院回数という事になります。 
患者さんが1ヶ月の間にどれぐらいの頻度
で来られるのか? 

これもあまり知らない人が多いので
是非とっておく事をお勧めします。 

まあ、当たり前の事なのでこっからが本題 

ではこの公式をしっかり意識して
努力をできているでしょうか? 

このかけ算が売上になります。 

自分の院の売上しか知らないという
人はかなり危険なので、この数字は絶対
に頭にいれておいてください。 

そして売上を上げるにはこの3つの
事を施策していくしかありません。 

だから考える事はすごく簡単で。 

客数を上げるのか? 
客単価を上げるのか? 
購入回数を増やすのか? 

という事になります。

どうしてもマーケティングを勉強すると
色々なテクニックに溺れている人が多い
ですよね。 

コピーライティングとかリピート術とか
施術(技術)もそれですね。 

あくまでもこれらは この3つの事の1部分
でしかありません。 

なので売上を上げたいなら
これのどの部分を上げていくのが
自院にとって必要なのかを見極め
ないといけません。 

ここで僕がお薦めしているのが 

3つの数字の現状を知る事 
↓ 
それらを上げる為に自院ができる事
を書き出す 
↓ 
今それらができない阻害要因を
考える事 

阻害要因を取り除く施策をうつ事 

という4段階でほとんど問題は解決します。 

えっそんなに上手くいくわけない? 
と思っているなら大きな間違いです。 

今はまだわからないというので
あればとりあえず今の現状を知る事から
初めていきましょう。 

またそこからの詳しいやり方は
次回に書いていきます。 

ではまた次週にお会いしましょう。