自分の武器を見つけろ!!

石水孝幸 2015.01.14

皆さんこんにちは。
連休も終わり日常に感覚がやっと
戻ってきましたね。

正月太りでそろそろダイエットが
必要かと思っているところに最近 
CMで○○ザップが目につく様に
なりました。 

これは以前からやっていたのか?
それとも正月太りの人が対象なのか?

なんてどうでも良い事を考えながら
最終的に○○ザップにいけばなんとか
なると何も行動できていません。 

まあそんな事はどうでも良いですが、
やはり流行っている物や店にはそれなりの
ワケがありますね。 

特に大きなものは

【他とは違う】

という事をしっかり表現できている。

どういう事かと言うと 
○○ザップで言えばライバルは
大手のスポーツジムになります。

大手のジムとは違い 

・パーソナルでトレーナーがつく 
・トレーニングは個室で行われる 
・30日間の返金保証がつく
・週2回1回50分と何をすれば
 いいか明確になっている 

そんな風に他とは違うという事が
わかりやすくなっています。

もちろん価格も月何千円とかではなく
298000円という料金もわかりやすい。

高くて通えない!
という人もいますがそれぐらいじゃないと
行かないという人も一定数いるのがキモです。

僕もセミナーに行く時に1万円以下のもの
だったら行く気がしないですが、10万円
以上のものだったら興味があります。

特に内容は受けるまでわからないのに
値段がそれだけするのであれば価値が
あるのだろうと思ってしまうのが不思議
ですね。

価格は安くすれば良いというものでは
ありません。
高くする事によって差別化できるのも
事実です。 

では自分の院の強みそして
他とは違うという事を見つけるには
何をすればいいのか?

まず【他との違いの他を明確にする】

誰と違うという時に闇雲に考えるのでは
なく明確にこことは違うという事を考え
ます。 

大手のリラクゼーションなのか?
近所の整骨院なのか? 
近所の総合病院や整形外科なのか? 

まずそれを明確にします。
ここで大事なのは、顧客から見た時の
ライバルになるところでないと
いけません。 

自分の近所にあるからと言って
そこがライバルかどうかはあなたが
集客したい人の行動によって違います。 

もし、あなたが どんな所に行って
良いかわからない腰痛の患者さんが
いたとしたら普通は病院でみてもらう
事になります。 

なので、ライバルは病院になりますし 

病院に行っても良くならなかった人
を対象にするのであれば他の整骨院
や整体院がライバルになるでしょう。 

それを間違えないようにしてください。 

他との違いの他が明確になれば次は
自院の強みを出します。

まず自院で患者さんの声をもらって
いるのであれば実際の患者さんの声を
見直してみてください。
これは宝の山のように良い事が書いて
あります。

体験した人の本当の声なので
それがリアルにわかるという事が
まず 最初です。 

もし、今まで患者さんの声などを
もらった事が無いという人は
実際の患者さんの声を聞くという
所から始めるのがいいですね。 

何を聞くか?

既存の人には、

当院に来て一番良かった事はなんですか?

施術以外にこれは良かったなと思う
サービス・接客・フォローなどがあれば
教えてください。

数多くの治療院がある中でなぜ当院に
来院を続けてくれているのか?

という事を聞いてみてください。 

新規の人には

当院を選んだのはなぜか?

選ぶ時に決めてになった事は? 

まずはそれをしっかり聞き出す事が
重要です。

ここで大事なのは、自分がここが強み
だと思った所が本当に強みかどうかは
わからないという事です。

あくまで患者さんの立場に立って
考えないといけません。 

他との違いを明確にする事こそ
治療院が突き抜け第一歩になる事でしょう。 

PS HPでの新規集客の基礎を学びたければ
  この教材がおすすめです。