スタッフを早く1人前にする3つの方法

石水孝幸 2015.12.23

s_load1

from 石水孝幸

明日はクリスマスイブですね。
予定はばっちり入ってますか? 
仕事・・・?
そんな事に興味がない??

ではなく、やはり経営者として楽しむ事を
忘れずに誰よりもこういうイベントを
大切にしてください。 

なぜそんな事を言うのか?
実はこれすごく大事な事なんです。
クリスマスを楽しめない院長だと
スタッフが育ちにくいんです!

では本題の中でそれも解説を
していきましょう。 

スタッフを早く1人前にする方法

の1つ目は・・。 

【人生を楽しむ】

まずはあなたがする事は
自分の人生を最大限楽しむ事です。 

仕事をしっかり楽しんでいますか? 
もし仕事が終わって

「はぁ・・やっと終わった!!」
なんて言っては駄目ですよ! 

あなたの背中をみてスタッフは育ちます。 
仕事が終わったら 

「もう終わったのかー今日も楽しい仕事が
 できた!」

と前向きに終わりましょう。 
おいおいそんなわざとらしい事はできない?? 
そんな事をやって本当に意味があるのか? 

あるんです!
仕事が始まる時も休憩に行く時も終わる時も
仕事だけでなくあなたが人生を楽しんで
いなければスタッフは育ちません。 

では2つ目の方法は

【失敗できる環境をつくる事】

人間誰しも失敗します。 
そしてここに人を伸ばす時のポイントが
あります。 

失敗したら怒られる
失敗すると恥ずかしい 
失敗は悪だ 

そう感じさせるのではなく 
失敗をしても前向きに捉えれるかどうか 
がすごく重要になります。 

ではそんな前向きな環境を作る
為には失敗するそのものの考えを
変えていく事が必要になります。 

スタッフが失敗したら 

「ナイスチャレンジ!!」

と声をかけれるようになりましょう。 
状況によってそんな事を言ってられない
という人もいるかもしれませんが
スタッフがミスをしたのは結局はあなたが
経営者としての仕事をしていないから
スタッフがミスをするのです。 

なので怒るなら自分自身に
怒ってください。 

では次にいきましょう。 
3つ目はすごく大事な事です!! 

【任せる】

頭で考えるよりも!とりあえず
任せてみてから考えていきます。 

例えば分院長にしてもいいかなと
思っているスタッフがいるなら 
実際に1日なり3日なり任せてみる
といいですね。 

新人スタッフにしても 
なんでもいいので仕事を任せてみる 
資料1つ作る事でもいいので。 

その時に注意点・期限・イメージを
伝えておきます。 
人間は何か責任をもってやっているとき
が一番成長をします。 

考えても答えはないので、ぜひ実際に
任せてみてそれから考えましょう。 

さて今回の内容はいかがでしたか? 
しっかり実践をして焦らずにやっていきましょう!
教育に正解は無いです。
しかし効果がでづらい教育があるのも事実です。 

すでに結果のでているものを真似して
上手く自院に取り込んでくださいね。