少ない行動で結果をだすには

石水孝幸 2015.08.12

bikkuri

from石水孝幸

世間はお盆休みですね。
これを読んでいる先生も休みの
人もいればそうでない人もいると
思います。 

経営者に休みはない? 
正解!! 
頭は働かして積極的に休養しましょう。 

お盆休みってどこでもだいたい混んで
ますよね? 
この時に元々人気があって休みでさらに
混んでいる所と今だから混んでいる所では
差がありますよね。 

人気の所にいけば
なんで混んでいるってわかっているのに
人は集るのでしょうか? 
この人を集める要素はなにか? 

なんて考えてみると面白いですよ。 
逆に一時的な所に遭遇したら 

なぜリピートしないのか? 
これを見るだけでもかなり勉強になります。 

物事には理由があります。 
人気がある所は人気のある理由が存在するし
人気の無い所は人気の無い理由が存在します。 

ではこれをどう自院に反映するか? 

【院内の成功パターンと
 失敗パターンを共有する】

これが大事。 
自院に目を向けずに成功しようとしても
努力の無駄遣いです。 

勉強会に行ってすごく良い情報を
仕入れてもやってみるとあまり上手く
いかない・・。 

こんな人多いですよね。 
行動できているだけまだ素晴らしい
ですが、1回駄目だったらそれで諦めて
しまっている。 

大事なのはテストを繰り返す事 
例えばニュースレターとかもそうです。 

ある先生はこれはやめれない
と言うしある先生は何の為に
やっているかわからない・・・。 

それが事実です。 
ニュースレターは確実に良いツール
なのにね。 

けどただなんとなくやっていても
意味がありません。
常に改善する意識をもっていないと
なにも始まりませんからね。 

スタッフさんがいる所なんかでは
リピート率の高いスタッフもいれば
そうでないスタッフもいると思います。 

大事なのはその結果の違いを生み出す
ポイントを見極める事。 
決してできないスタッフを怒る事では
ありません。 

成功しているスタッフはなにをしている
のか? 
それを分解してポイントになる所を共通
させるのです。 

まあ口で言うのは簡単ですが
それができないんだよ。 

と言う先生もいるでしょうが
これは慣れの問題です。 
現場を見てちゃんと事実に目を向けて
いればわかってきます。 

こんな格言があります。

【現場にお金が落ちている】

事実は現場にしかありません。
スタッフさんがいてもいなくても
現場でおきている事に目を向けて
改善をする事が一番自院を成長させる
のです。 

同業の人にコンサルをしている
僕が言うのもなんですが、これが
できていればコンサルなんかは必要
ありません。 

現場でおきている事を共有して
それを改善する仕組みさえできれば
ほとんど今より売上はあがります。 

何をしていいかわからなければ
聞きましょう。 
コンサルタントに話しを聞くのでは
なく自院に来てくれている人にね。 

なぜ当院を選んでくれたのか? 
なぜリピートしてくれているのか? 
改善してほしいポイントはなにか? 

スタッフや受付がいるのなら 
その人達を巻き込んで成功パターン
を共有しましょう。 

そして院内だけでなく
上手くいっている要素を他社から
もってきてもいいですからね。 

ぜひ休みの間に仕組みを構築して
くださいね。 
では今日もがんばりましょう。 

PS 

前回まで紹介してきた僕が行う
久々のセミナーですが土曜日はもう
埋まっているので金曜日しか枠がありません。 

タイトルが分院展開セミナー
なので1人でやっていくから
関係ないと思っているかもしれ
ませんが、勉強会には1人治療院で
500万以上の売上をあげている先生も
います。 

基本的な考えは同じですから興味が
あればぜひご参加ください。 

http://www.support-365.net/ishimizu/

あと手技に自信をもって
経営的に成功したいと思うならこの勉強会も
おススメです。

日程が直前ですが、価値があるセミナーです。

http://ameblo.jp/jiritsusinkei-kyoukai/entry-12060528920.html