【週間】ケーススタディvol.5 整体とカイロ

川満伸夫 2014.04.05

みなさん、こんにちは。

世間はすっかり春陽気ですね。
あの凍てつく寒さが去ったかと思えば、
今度は花粉症に悩まされている今日この頃ですが、
いかがお過ごしですか。

みなさんは、
春と言えば何を思いつきますか?

進学、就職、転勤や退職など
いろいろとあるかと思いますが、
私は春と言えば
「新生」
の文字が浮かんできます。

文字のごとく
新しく生まれ変わることを意味しますが、
この時期は新患の患者が増える時期でもありますよね。

冬の間で寒くて外に出るのも嫌だった方が、
暖かくなってきてようやく治療院に行けるようになって来た
という人もいるかも知れません。

身体の機能的にも
温かいほうが血液の流れや循環が早まりますので
治り易いと言えます。
というわけで、
患者さんに取っては
今抱えている病気や問題を克服する良い機会とも言えます。

話はかわりますが、
普段仕事上デスクワークが多くて
肩から背中にかけて
筋肉がパンパンに張っている状態が長く続いていたので、
休みの日に思い切って全身ストレッチをしてみました。

以前は毎日のようにやっていたストレッチだったのですが、
最近おろそかになっていたので
すぐに身体の硬さが分かりました。
(やばい、身体がおやじになって来ている、笑)

約15分ぐらいやっていたのですが、
多少楽になったものの
全身スッキリと言うまではいきませんでした。

近くで辛そうにストレッチをしている私を見かねて、
妻が「背中をもんであげる」と言って来ました。

正直、カイロをやっている者として
マッサージなんか
と思っていましたが
15分ぐらいほぐしてもらった後
意外にも身体が楽になりました。

改めて筋肉に対するアプローチの重要さを教えてくれた
妻に大感謝です。

施術家の先生方の中にも
整体、もしくはカイロをされている方が多いかと思いますが、
両方を使いこなしている方もいるかと思います。
あるいは、
ほぐしや物理療法、運動療法を
用いている方もいるかと思います。

要するに、
使える技術が多いと強いですよね。
いろんな方向から
患者さんの問題にアプローチ出来るから
治る確立も高くなります。

先生方の中には普段から多忙の中、
時間をこじ開ける様にして
技術向上の勉強をされている人もいるかと思います。
今までコツコツと頑張って来たものが花開く時期ですね。

さぁ、共々に新生の春を頑張って行きましょう。

P.S.
人間の身体は
地球を構成している成分(熱、水、土、空気など)と同じです。

春はやはり
【新生】の時期で、
身体も生まれ変わる時なので
春の力を活かして
病気や身体の事で悩んでいる多くの方々を
診てもらいたいと思います。

あなたの周りで健康になる人が増えて行けば、
それは相乗効果となってあなたも健康になって行く事でしょう
嬉しいですよね。

患者さんをより良く健康にもって行く方法はこちらです。