【週間】経営のヒントvol.11

熊谷剛 2013.10.28

from:熊谷剛

日々の治療院経営において何をやればもっと患者さんを増やす事が出来るのか・・・

どうやったら治療技術は上手くなるのか・・・

スタッフには何を教育すれば一人前になってくれるのか・・・

様々な事に頭を抱えているのではないでしょうか?
もちろん僕もです(苦笑)

しかし、今日シェアする考え方を頭に入れる事でだいぶ頭が整理されます。

今日のお題は

『not todoリスト』

何をやらないかを決め、そのリスト化をするという事です。

実際にやらなければならない事は沢山あります。
全部やれれば良いのですが、実際は日々の作業に時間を取られたり、患者さんを施術して疲労からモチベーションが下がったりと、なかなか実践出来るものではありません。

そんなときに起こってくるトラブルはいつもやっている事がおろそかになってくる事で起こります。

何となく心当たりありませんか?

何かやろうとすると何かをないがしろにしてしまう。

実際、時間的、体力的に限界がくるので仕方ない事なんです。

そんな時に重要になってくるのが”やらない事を決める”という事。

やらない事を決めるという事でも2つの見方が存在します。

その見方を今日は解説してみました。

ではいってみましょう!

ps
治療技術においては何かしっかりとした軸を持つとnot todoリストが作りやすくなります。

軸を勉強するのなら僕が主催している協会がオススメです。