【週間】経営のヒントvol.32

熊谷剛 2014.04.29

from:熊谷剛

4月27日に行ったABCセラピーのセミナー。
400名規模で行いました。

技術セミナーでこれほどの規模の催しは今後も少ないはず。

僕も準備の大変さから二度とやらないと決めました(笑)

準備も大変だったのですが、何より技術指導が僕一人では行う事が出来ないため疲労回復協会やけんこうラボに参加して頂いている先生にお手伝いして頂きました。

そんなインストラクターとして手伝ってくれた先生方が口々に同じ意見を言うのです。

このインストラクターの先生方はこの業界での目標である月商100万円をクリアしている先生達です。

ここまで成長するには当然のごとく沢山の勉強や経験を積んできています。
そのインストラクターが共通して苦言を呈していたのです。

僕はこれだけの参加者がいるのだから当然としていたのですが、インストラクターにとっては衝撃的だったようです。

それと同時に反面教師像がしっかりイメージ出来ることをポジティブな意見として意識付けしていました。

さすがですね。

さて、本日はインストラクターが何に対して苦言を呈していたのかを動画にしてみました。

これをみれば、あなたもどういう想いでセミナーを受講したら良いのか、どんな人を反面教師にすれば成功出来るのかを知るヒントになるはずです。

動画はこちらから

p.s.
こういった基本的な考え方を持つか持たないかで結果が全く違ってしまいます。

技術的な面で基礎的なものが薄く結果が出ていない人がどれほど多い事か、、、、
セミナーを主催する側としてはビックリしてしまいます。

だって、技術を身につけるのは大変だけど基礎知識は即効性がありますからね。

しっかりとした技術を手に入れる為にはまず基礎知識をしっかり頭に入れる事が重要です。

それはこちらが役に立ちます。