【週間】経営のヒントvol.41

熊谷剛 2014.09.08

from:熊谷剛

僕たちの「商品」は施術ですよね。

物販とは違い形がないので意識しにくいのですが、商品をフレームに当てはめるといろいろなものが見えてきます。

今回はそんな内容を話してみました。

さて、あなたはどんな物やサービスを買っているでしょうか?

そして、どんな物やサービスを提供しているでしょうか?

買っているものと提供しているものの基準って違っていませんか?

例えば、飲食店だったら味よりも雰囲気を重要視する人もいるでしょう。

なのに、自分が提供しているものは雰囲気よりも質を重視してみたり。

思い当たるんじゃないかな?

僕は枕等を提供していく上で機能重視でした。

しかし、お客さんからの意見は違っていました。

それは、、、、

そんな機能以外の商品価値の話をしています。

形のないものを扱っている治療家は陥りやすい点だと思うので参考にしてみてくださいね。

動画はこちら(6分22秒)

p.s.
治療家としての機能を手に入れることはノウハウであったりテクニックを手に入れる事ですよね。

では患者さんの視点から見た時に求められるものはなんでしょうか?

僕もそこに焦点をあててきました。それがここには詰まっています。