【集客のコツvol.14】 オフラインの特性

熊谷剛 2015.04.13

from:熊谷剛

前回まででオンライン三種の神器の
解説をしていきました。

正直、今の段階でこの3つを使いこなしていれば
集客に困ることはないでしょう。

今までに、メッセージの作り方なども
メルマガでお伝えしています。

その、ノウハウと合わせれば
かなりいいホームページ、ブログなどを
作れると思いますのでチャレンジしてくださいね。

オンラインはオフラインと違って
コストが段違いに安い媒体です。

作るのは苦しいですが、一度作ってしまえば
数年はそれだけで集客し続けることが
可能になってきます。

たとえ、初めに数十万かかったとしても
すぐ数百万から数千万、僕に至っては数億の
タネを作ってくれる媒体なので
育てていってくださいね。

今日からは
オフラインについて解説していきたいと思います。

現段階では確かにオンラインが集客の中心です。

何をやるにしてもお客様は
インターネットで調べようとするからです。

3年前には、ほとんどいなかった60代以上の人たちも
今ではスマホやタブレットを使いこなしている人が
増えてきました。

使いこなしていない人でも 
息子さん、娘さん、お孫さんにお願いして調べてもらって
来院する事もとても多いですよね。

ですから、
全年代に対してオンラインは必要な物になっています。

しかし、これらを更に強化するのがオフラインです。
インターネットを使わない媒体ですね。

何度も言っていますが、オンラインは引きの媒体です。

検索してもらうまでは何も出来ません。

待つしかないのです。

だから、
対策をしてできるだけ多く見てもらえるよう
アクセスを増やしたりするわけです。

その反面、調べる人たちは困っている人達だから
客質はとてもいいんですね。

オンラインはこういう特性を持っています。

だから、オフラインで弱みを補填してあげることで
最大化するんですね。

人間の行動フローを確認してみましょう。

■1,見つける■

まずは、目にします。
これは看板でもチラシでもネットでも全てそうです。

当然の話しですが見つけられなければ始まりません。

■2,興味を抱く■

「ん?何だろ?」
と思わせれば集客フローの半分くらいが成功です。

興味を抱けば中を見てくれます。

ここが出来なくて広告が失敗している事が
8割以上だと言われる事もあります。

■3,欲求を抱く■

欲しくなる状態です。

様々な事例やお客様の声、
スペック等をみてその商品が欲しくなる段階です。

■4,行動する■

ミッション、コンプリートです。

しかし、そのために電話番号やメールなど
お客様がどこに連絡をしたらいいのか
迷わせないようにするのがポイントです。

この様な流れで人を動かし集客していきます。

そして、何度もいいますが
一番重要なのが見つけてもらい興味を抱いてもらう所。

1と2です。

オンラインは、この母数が人口対比として非常に少ないのです。

例えば、人口30万人の地域で
治療院をインターネットで探している人たちは
1000人~2000人。

もっとキーワードを増やせば増えますが
こんな感じです。

少ないと思いません?

日本人の8割は腰痛持ちと言われているのに。

その他の人はどうしているのでしょうか?

そう。調べていないだけ。

探している人はもっと多いのです。

インターネット以外でも
口コミなどで来院するのは調べていないことの現れです。

問題が大きくなければ
面倒くさいので来店したがらないんですね。

それを後押しして
プッシュするのがオンラインなのです。

オンラインをやり始めると顕著に変化が起こります。

それは、アクセス数が増えるのです。

例えば、
町を歩いていると看板を見つけることがありますよね。

その時、

「あ、整体院だ。そういえば、朝腰痛たかったなぁ。
 整体院行ってみようかな。」

こんな感じになるわけですね。

看板を工夫するだけで、
こういった人たちを増やすことが出来るのです。

これ、非常に効果的です。

なぜなら、その看板を見て調べているということは
お客様は、あなたの近くにいるということだから。

そして、その患者さんは看板を見て
あなたの院に興味をもった状態で
ホームページを見ているということだから。

お分かりになりましたか?

オフラインって、非常に重要な事が。
オフラインの最大の強みはプッシュできるということ。

オンラインは、基本的に待つことしか出来ません。
しかし、オフラインは
こちらから仕掛けることが出来るのです。

オンラインは集客数をコントロールすることが出来ません。

しかし、オフラインはコストは掛かりますが
欲しい人数を、ほしい分だけ集客できる
可能性を持っているのです。

例えば1000枚チラシをまいて1人来店したら
1万枚まいたら10人の集客ですよね。

2万枚まいたら?3万枚まいたら?

乱暴な計算ですが、簡単に考えればこういうことです。

これって非常に強いんですよね。

特に新規オープンやリニューアル、
季節イベントなどの時は強烈に反応率が上がります。

このオフラインの特徴を次回から解説していこうと思います。

お楽しみに!