これさえ上手くいけば、、、

熊谷剛 2014.02.22

from:熊谷剛

自分は準備万端なのになぜかダメになる。

こんな状況ってありますよね。

僕も様々な足止めをくらってきました。

特に多いのが○○先生とのジョイント。
一緒に仕事する件です。

○○先生とは複数の先生なので今回は○○とさせて頂きました。

今現在、様々な角度からお仕事のオファーを頂いたりします。
もちろん、僕からもオファーを出し会社を成長させようとしています。

しかし、自分ではめっちゃ頑張っている時に限って自分以外の問題でポシャる。

以外と僕は多いんです。

時間も割いて頑張って準備したのに上手くいかない。。。
結構、精神的にキツいですよね。

こんな事はどう解釈すべきか。

数多くこんな場面を体験してきた僕は一つの解釈パターンを持っています。

それは、

「諦める。」

ということ。

僕は”7つの習慣”のファンで会社にも仕組みを取り入れました。

会社全体で7つの習慣に取り組んでいます。

その中に、影響の輪と関心の輪という考え方があります。

野球で例えると
試合の結果に興味があり応援もしている。

こういった状態は自分の心の関心の輪の中で行われています。

監督でもないので選手を自由にコントロールする事は当然出来ません。

しかし、監督の立場としては選手に指示を出したりと自分の思い通りにコントロールする事が出来ます。

ファンと監督では選手に対する影響する力、すなわち影響の輪の大きさが違うという事です。

人間はこのように関心の輪と影響の輪の中の出来事を解釈、判断し行動に発展させています。

簡単にいうとコントロールできる事と出来ない事があるってこと。

そして、この輪は自分の行動で広げたり縮めたりする事が出来ます。

例えば、あなたは院の売上を上げたいと思っているとします。

そうした場合、誰からか助言をもらったりしますよね。

この助言をしてくれる相手を選ぶとき次のどちらを選びますか?

まだこの業界に入って間もない先生と治療院を何店舗も経営している先生。

まず間違いなく後者でしょう。

どちらもあなたの仲の良い知り合いだとしても何店舗も経営している先生を信用しますよね。

これは経験という点であなたに影響を与える程、影響の輪が広がっているからなのです。

逆に、まだ経験の少ない先生の影響の輪は広がっていないという事。

しかし、数ヶ月後。

その経験の少ない先生が次々と多店舗展開をしていったらどうでしょうか?

きっとその秘訣を聞きたくなるはず。

これは多店舗展開した結果、影響の輪が広がりあなたを動かす事が出来る様になった訳です。

このように影響の輪と関心の輪は動きを持っています。

これを踏まえて本日の本題に戻ります。

物事は影響の輪が広がっていなければ自分のコントロールは利きません。

相手の都合、天候、事故などは影響の輪を広げる事が出来ない事項です。

こういった場合、いくら悩んだとしても自分の力を影響させる事は不可能。

であれば、悩むだけ無駄。

諦めて別な方法を探し実行していくのです。

沢山の経営者が悩む点でしょう。

「今まで時間とお金をかけてやったのだから絶対回収してやる!」

そう思うかもしれません。

しかし、その事柄が影響の輪の外にあるのならいくら頑張っても無駄です。
それ以上、その段階でお金や時間を使っても効果が出ません。

これに対する時間やお金の”浪費”を如何に止めるか。

これがその後の成功を左右してしまう事もあります。

時間やお金は有限です。

この限りある資源を何に使うのか?

未来に投資をしていかなければ成長はしません。
しかし、投資と浪費を混同してしまうとせっかくの頑張りが無駄に終わってしまいます。

果たして今の行動は影響の輪に入っているのか、外にある事項なのか。
これを見ながら投資をしていくときっと今以上の結果が生まれるはずです。

会社の運営でも判断に迷う事が多々ありますよね。

そんなとき、その事項は影響の輪の中にあるのか外にあるのかを基準に判断する。
こうする事であなたのストレスはかなり軽減されるはず。

あなたの力が及ばない事もあるのです。
そんな時は悩まず奇麗さっぱり忘れてしまいましょう。

そうする事で足を引っ張られず前にどんどん進める様になります。

前進しなければ成長はありません。

死ぬまで勉強。
だったら悩まず楽しみながらやりましょう!

ps.
僕も常に勉強はしていますし、恐らく他の治療家の先生と比べても相当なインプットはしている方だと思います。
治療家としても常に勉強することを欠かしてはいけませんよね。

そんな治療家の為の基礎を徹底的に学ぶことのできるプログラムを僕の監修のもと作りました。
今だけの特別オファーもあるようですのでオススメですよ。