やっぱりそこか。

熊谷剛 2014.04.18

from:熊谷剛

久々に3連休。

こんなにゆっくりしたのはいつ以来だろう。

第一線を退いてまとまった時間をとる事が出来る様になったので家族で京都観光に行ってきました。

京都は何度も行っているのですが、100%仕事。

寺院などを巡っている余裕はありませんでした。

なぜか京都の雰囲気が好きで時間が出来たら絶対旅行に来ようと思っていたのです。

今回はもちろん子供もいるので移動が大変になりそうと思ったので、レンタカーを借りザ・京都を旅行。

清水寺~祇園を徒歩&人力車にのり観光。
人力車も思い出になりました。

今まで経験した事がない事をするって楽しいですよね。

食事もさまざまな計画を立てていましたが、ちょこちょこ食べ歩きをしていたらお腹いっぱいになってしまい昼食はなし。

観光しているとどうしてもご当地ものって食べたくなっちゃうから仕方ないですよね(笑)

1日目は銀閣寺も見に行く予定でしたが、ここでタイムアップ。

全然回れない、、、

と思いつつも明日の予定を練り直しいざ2日目。

2日目は旅館から近くの金閣寺からスタート。

高校時代はハリボテに見えた金閣寺も今見るとやはり見え方が違ってきますね。

子供がぐずりながらも夫婦で楽しみ次へ。

金閣寺の次は嵐山。

嵐山は去年の台風18号の影響で洪水被害を受けましたが、その傷跡も見えない程復旧していました。

渡月橋も何なんでしょうね。とても美しく見えました。

竹林を堪能してまた食べ歩き。

この京都ではまともに食事していない(笑)

嵐山を離れ錦市場で食べ歩き。
今回はほんと、るるぶが役立ちました(笑)

京都弁が飛び交う雰囲気は最高でした。

レンタカーを返し最後は京都タワーを見学。
夜景に感動しつつも15分で終了。

帰路につく。

こんな流れの京都観光でした。

この旅行の中で一番イメージに残っているのが旅館のおばちゃんでした。

60代?後半と思われるおばちゃんが担当してくれ食事等の世話をしてくれました。
この対応がまた良かった。

今回、泊まった旅館は高雄にある「もみぢ家」。

露天風呂付き客室を探していたらヒット。
子供も受け入れオッケーという事で特に調べずに予約。

この日はなぜかホテルが取れないくらい他が混んでいて選択肢も限られていたのです。

たまたま1室空いていて予約が無事取れました。

この旅館は山の奥にたたずんでおり、清滝川にかかる吊り橋を渡ってお宿にという雰囲気もまた良し。

6月からは床も出て食事が出来るみたい。また時期になったら行きたい思います。

客室は1室毎の離れになっていてほぼ一軒家。キッチンだけない感じですね。

普通に玄関を上がり、ベッドルーム。昔ながらの一軒家風なのですがここは布団ではなくベッドでした。
翌朝の食事を食べにいったら僕達以外、全員外国人。

なるほど。納得。

外国人が多いから布団よりもベッドって感じになったんですね。

この部屋以外は畳で四畳半と八畳の茶の間。奥にはトイレがありその反対側は露天風呂へ繋がっています。

残念ながら温泉ではなかったけど、やっぱり畳の生活はいいなぁと再認識させてくれる雰囲気に嫁もご満悦。

久々にテレビやパソコンのない時間を過ごしました。

こんな旅館でしたが、一番のポイントが先にも出てきたおばちゃんの接客。

本当におばちゃんって感じなんです。
とても暖かい感じがします。

高級ホテルなんかに行くととても教育が行き届いていてとても丁寧。
しかし、どうしてもマニュアル的な冷たさを感じてしまう。

あなたもこんな経験した事があると思います。

でも、このおばちゃんはとっても暖かい。

これって接客において非常に重要だと思いませんか?

ある程度の丁寧さ等は教育出来ます。
しかし、こういった暖かさってなかなか伝えられない。

だから、高級ホテルでもマネ出来ないんですよね。

かけられる言葉一つでもやはり違う。

何ともいえない心地よさがあります。

お客さんというよりも人としての対応って感じですかね。

何とも表現がしにくいんですが、、、

伝わってますよね?(苦笑)

でも、これって接客の根本だと思うんです。

この暖かさを伝える為に接客術ってあるんじゃないかなと思うんです。

なかなか出来ているところってないけど。

だから、このおばちゃんの暖かさが印象深かったのかもしれません。

僕たちの業界も接客など基礎的な事は浸透してきているけど、こういった旅館やホテルと比べるとまだまだ。

接客術すら勉強出来ていない事が普通かもしれませんね。

たまにこういった経験をしてどういった接客がお客さんに響くのかを消費者として感じる事も重要です。

この経験をどんどん自社に落としていけたら最高ですね。
いいものは徹底的にパクりましょう!

遊びに行っていても学びはあります。人生=学びですね!

今回は特に原点、基礎の重要性を感じました。
ここがぶれると何をやってもダメですね。

気をつけよっと。

p.s.
技術も基礎がとても重要。
他では教えてくれない技術の基礎を学ぶにはここが最適。

インストラクターとして教えていると毎回、基礎の重要性に気付かされます。
それと同時に受講生の成長が感じられます。

結局、基礎が全てなんですよね。
自信があってももう一度作る直すのも必要だと感じたらのぞいてみてくださいね。