スゲー刺激的だな。

熊谷剛 2013.09.06

from:熊谷剛

前回の動画に引き続き参加費180万円のグループに参加してみて
得たものをシェアしてみたいと思います。

場所は箱根プリンスホテル。

一泊二日の日程で行われました。
土日だったので渋滞だな。。。と悩んだのですが車でいってきました。

案の定、東京料金所から海老名SAまで渋滞・・・

すいていれば1時間半で行き着くところを3時間かけて箱根に到着。

途中で一度休憩しましたが
そのPAでセルフサービスで売っていたコーヒーの売り方をメモメモ。

いろんなところにチェックポイントがありますね(笑)
まだ治療院に落とせるまで考えていないので、このメモは今度公開しますね。

って感じで、ホテルに到着した後にチェックイン。
そして会場に直行。

すでに半分くらいの参加者が集まっていました。

そのメンバーの中に知り合いもいたので人見知りの僕は隣に着席。

久しぶりだったので進捗等をシェアし合い、テーブルに座った4人で談笑。
それぞれの分野で講師等をしているので面識はなくても知り合い状態でした。

そして、いよいよスタート。

内容は自己紹介から始まり参加者のビジネスを根掘り葉掘り聞いて参考にしようという内容。
セミナーとしては手抜きといえば手抜き(笑)

でも集まったメンバーが半端ない人たちなので話は別。

特にインターネット関連のビジネスの社長がほとんどで
その最先端の情報をシェアしてもらいました。

知らないところで、とんでもない事が起こってますね・・・

そんなメンバーの中、僕がトップバッターでビジネスモデルを公開。

全く違った業界の話を聞くと参考になるようで結構な盛り上がり。
質問から脱線。そして質問。脱線。

この繰り返しで半日を消化。

脱線の話が強烈すぎてみんなのノートがみるみる埋まっていきました。
ノウハウの固まりの様な人たちの話し合いなので終わるのが難しい状態でした。

そして、今日のメルマガのメインはこれから・・・
僕の悩み改善コーナーでのアドバイスです。

僕の今の悩みは事務の仕事の仕方をスムーズにする事。

いま、会社では整体院4院分と疲労回復協会、けんこうラボを4人で管理している状態。

はっきり言って仕事量が半端ない状態です。
でも改善部分も多々あってそれをどんな風に改善するのかが課題でした。

その話をするといろいろなケースの解決策をシェアしてくれました。

その中のアドバイスを大きく2つに分ける事が出来ました。
これは会社を大きくする上で必ずぶつかる壁なのであなたにもきっと当てはまるはず。

参考にしてくださいね。

その2つとは
精神面の問題と仕事フローの問題。

精神面とはどういった想いで仕事をするのかという点。
仕事は嫌な事もこなさないとうまくいきませんよね。

でも、嫌な事は嫌。これは誰だって同じです。

経営者は仕事なんだからやれ!

って思いがちですが、やはり嫌な仕事はテンションが下がります。
しかし、上手く仕事をまわしている会社の社員は嫌な仕事を嫌だと感じずにこなしていきます。

そのコツとは全体像をつかむという事らしいのです。

どういう事かというと、事務仕事は特にお客さんと直接合う事がありません。
そうすると、今行っている仕事が何の為に行われるのかが分からずに仕事をしてしまいます。

人は人の役に立ちたいという願望を持っているといわれています。
僕たちも患者さんを少しでも良くしたいという思いがありますよね。

同じように誰でもこの気持ちを持っているのです。
そして、この思いがモチベーションになったりするんですよね。

しかし、紙やデータを処理していく事務仕事はこの誰の為に行うかがイメージしにくくモチベーションを保つ事が難しいわけです。

そういった問題が仕事の効率を下げる一因だったりするんですね。
意外じゃないですか?

そして、僕がアドバイスをもらったのは事務仕事のスタッフでも現場を経験させるという事。

もちろん施術はできませんから見学で十分なんですね。

そういった経験を積ませる事で自分が何をしているのかが明確になりモチベーションも上がるという訳です。
事務仕事だから事務の仕事だけをしてもらえば良いと思いがちですが、こんな経験も重要なんですね。

そして、もう一つは仕事のフローの改善。
仕事は”点”で存在しているのではなく”線”で存在していますよね。

患者さんが来院して受付後、施術を受け会計をして帰る。

これも一連の流れな訳です。
施術を受けにくるといっても受付から帰るまでの行程を踏んでいるわけです。

しかし、紙のやり取りをする様な仕事ではこの流れが明確に分かりにくいんですね。
だから、仕事が中途半端で未完了。

それなのに放置。
みたいな感じも出てくるんです。

治療院だと忘れていても患者さんに
「まだですか?」

なんてアラームを鳴らされるので気づくのですが他の人の介在がない事務仕事はこのアラームが鳴りません。
自分で気づくしかないんですね。

でも、経験が浅かったり背景が分からない状態で仕事をしていると気づく事が出来ないんです。
僕もそうですが、社長は大抵全体の仕事を見ているし経験しているので気づかない意味が分かりません。

僕も
「なんでこんなミスが起こるの?」

と不思議に思うのですがこういったフローを見る事が非常に難しいのです。

だから、仕事をするフローを明確化し考えなくても完成する状態を作ってあげないと仕事がスムーズにいかなくなるんですね。

この仕事のフローは治療院でも重要になるのですが患者さんが注意してくれるので、それほど注意しなくても特に問題が起こりませんがお客さんが見えにくい仕事をしていく時は特に注意が必要になるんです。

こういった点のアドバイスを受けメモメモ。

早速帰りの車の中でマネージャーに報告。今週中にこれらの対策を立てていきます。

ほとんどの場合、こういったアドバイスを聞いたその日はテンションが高くなってモチベーションが下がります。これは僕も同じ。

だから、すぐに行動する事がポイントです。
僕はマネージャーやスタッフに話す事で僕のテンションが下がってもやらざるを得ない状態を作ります。
きっと、明日には今よりもテンションが下がっているでしょう(苦笑)

人間なんてそんなもんです。
でも、社長としては忘れてはいけない事。

行動する為に自分もシステムに当てはめる事が手っ取り早い事に最近気づきました。

本当に気付きだらけの2日間。
すげー刺激的でした。

後は・・・・行動あるのみ!