利益を上げる唯一の仕事術

熊谷剛 2014.03.14

from:熊谷剛

山手線の電車の中より

家から新宿の事務所まで山手線で20分。
新宿駅から徒歩7分(くらい、、)

いつもこの時間をどう使うか考えている。

疲れているとただスマホをいじって終了。
最寄り駅に着くとガッカリする。

もっと時間の使い方があっただろうに、、、

と。

今日は電車が空いているのでこのメルマガを書いている。
最高の時間の使い方(笑)

本日は利益を上げる唯一の仕事術というタイトルをつけてみた。

これは最近、うちのスタッフに何度も何度もいっている事なのでシェアしていきたいと思ったから。

会社運営はとても難しいと感じる。

僕も月次決算書をみるといつも悩む。

うちは売上があるので潰れる潰れないの話ではないのだけど、在庫管理や外注費、そして最大の悩みが税金だ。

あなたも税金には悩まされていると思う。
まぁ、日本人の義務だから仕方ないと諦めて入るけど、額がデカいのでなかなか支払に苦労する。

利益に対する税金じゃなくて現金に対する税金だったら、、、
といつも思う(苦笑)

多店舗展開するには経費計上の出来ない出費が多いので大変ですよね。

税金の制度もうまくつくってあるなと、つくづく感心する。

こういった悩みは社長にしか分かりにくい。
結局、こういったところが社長は孤独といわれる点だろう。

そんな状況は苦しすぎるので、うちではリーダーにもこの苦しみを知ってもらう事にした(笑)

それが月次決算書として現れてくる。

そして部門毎にリーダーが頭を抱える(苦笑)

この度に、学ばせるチャンスがやってくる。

そして色々と指導した結果、僕が毎週チェックしなくてもどう考えて運営したら良いのかを理解してきている。

決算権を渡すのは怖いけど、ミスやトラブルが起こりにくい状態にしてさえしまえば社長の時間はぐっと増えるので僕はお勧めします。

おかげで今月で内部の仕事からは解放されそう。
というか、こういう仕事はやめるし(笑)

こういった様に仕事をどんどん任せる様にしているけど、スタッフはほとんどの場合、意味を理解しないで仕事をしている。

基本的まじめな人が多いので自分のやっている事に疑問を持たない。

僕は異常な考えを持っているんだな、、、
とスタッフを見ていると感じる。

外部の人と仕事をする事が多いのだけど、外部の仕事環境まで変える提案をしたりするからだ。

だって、非効率な仕事をしてるんだもん。
そりゃぁいいたくなりますよね!

そして採用される(笑)

こういった疑問を持たずにほとんどの場合仕事をしている。

これが会社として一番マズい事だと僕は思う。

なぜなら、これでは利益を作り出す事が出来ないからだ。

僕がするセミナーではよく出てくるのだけど、ゴールを決めなければそこに行き着く事は出来ない。

例えば東京駅に行きたいとする。

東京駅だから東京にあるんだろうなぁ。。。
的な考えでは東京駅にはたどり着かない。

東京駅は東京都千代田区丸の内1丁目1-9-1にあるからだ。
東京に行っても東京駅には到着しない。

経営も同じで1億の売上を上げたければ、その詳細をしっかり理解していなければ到底到達しない。

1億の売上が上がればいいなぁ。
では絶対に無理なのだ。

これを会社単位でやろうとしたら、社長だけが目標を掲げていても達成は難しい。

社員にも同じ構造、詳細を理解してもらわなければならない。

全員が東京都千代田区丸の内1丁目1-9-1という住所を知っていたら東京駅に到着する可能性は限りなく高くなる気がしないだろうか。

だから会社の運営も出来るだけ多くのスタッフに目標達成の詳細を知ってもらう必要がある。

その際に最も重要な事で僕がしょっちゅう話をするのが利益だ。

株式会社は利益を追求するために存在する。

だから利益の出し方を意識した仕事をしてもらわなければならない。

利益は売上ーコストだ。

たったこれだけ。

構成は売上とコストしかない。

しかし、自分が売上を上げる仕事をしているのか、コストを低くする仕事をしているのか意識しないで仕事をしている。

これでは利益は上がらない。

また、最近気付いたんだけど、仕事はこれらが混在している。

集客する為のコピーライティングをしているスタッフが顧客管理をしていたりするからだ。

売上を上げる方法はアクセル。コストを下げるのはブレーキ。
こんな感じだから進む訳がない。

車もアクセルを踏んでいる時はブレーキは踏まない。

両方踏んだ場合はブレーキの方が勝ってしまうからだ。

これを意識し自分はアクセルを踏んでいるのかブレーキを踏んでいるのかが明確になったとき一気に仕事が前に進む。

スタッフも何をやれば良いのかが明確になるので仕事に対するストレスが減る。

これはここ最近で気付いた大きなポイントだと自分では思っている。

あなたも仕事をしている時にどちらのペダルを踏んでいるのか、どちらを選ばなければいけないのかを意識すると仕事が加速すると思うのでやってみてほしい。

ps.
治療院で利益を挙げる為の方法を僕が代表をしている疲労回復協会でも毎月紹介をしています。

協会内の毎月の特典や協会内だけで販売しているDVDもそれもまさにその一つです。

疲労回復協会の技術ではない部分ですが、興味があればこちらもチェックしてみてくださいね。