利益を出せばどうでもいいんですよ。

熊谷剛 2013.11.22

from:熊谷剛

治療院を経営していて、ふとお金の使い方で迷った時はありませんか?

月々2万円の支払。
10万円のセミナー。
5000円の教材。

いろいろなサービスがありますよね。

僕も毎月様々なサービスや教材を買っています。

でも、ふと考える時があるんです。

それは、

『これって買って良いのかな?』

ということ。

会社の経費として使う訳だから、もちろん売上につながるサービスにお金を使わなければなりませんよね。

でも、ふと考えてみると売上を上げるというより自分の探究心を満たす為に使っていたり、ご褒美的に交際費を使ってみたりしたりする事もあるんじゃないでしょうか?

もちろん、僕はありますよ。

でも、本来経費とは売上を上げる際に必要な費用。

だから、売上が上がらない事に関しては使ってはいけないわけです。
福利厚生等もそうですね。

福利厚生も社員の経済的保障を手厚くし会社への貢献度を上げさせる為にある訳です。

経費や福利厚生はあくまでも売上を上げる為に使わなければなりません。

ここまでは普通の考え方なのであなたも常日頃から注意している事かと思います。

もし、娯楽的に使っていたら経費の目的に注意してみてください。
きっとこれだけでも利益を出す事が出来る様になると思います。

今日はここからが本題です。

あなたは雇っている社員にいくら経費を使わせていますか?

という事。

社長が経費を使うのは当然ですよね。

しかし、経費は売上を上げられれば使うべきもの。

であれば、スタッフでも使っていいはず。

更にいうと、投資的経費は使えば使う程売上を上げます。

ある程度の規模になるとはっきり言って社長だけでは経費を使い切る事は出来ません。

という事は売上を最大化出来ないということ。

だから、社員にも使える様にしていく事が重要になってきます。

しかし、不安ですよね。

スタッフに一度、経費を与えてみてください。
すっからかんにしますから(笑)

あなたもきっとそうだと思いますが、自分のお金以外のお金は湯水のごとく使うのが普通です。

だから、使っていいと伝えて、ほったらかしにするのは危険です。

しっかりとした考えのもと経費を使ってもらうにはまずは社員を育てる事が重要です。

ここがポイント。

治療家は昔からの伝統?で教えてもらうものではない。
目で見て覚えるものだ!

みたいな風習がありますよね。

しかし、一般社会、特に大企業で行っているのは社員研修。

給料を払いながら社員に研修を行い教えている訳です。

本来ならお金を払っているわけですから、稼いでもらわなければ雇っている意味がないのですが即戦力というスタッフはそうはいません。

特に学生上がりは特にですよね。

だから一般的な企業では入社後の研修をさせる訳です。

こういった現状がある訳ですが僕たちの業界はどうでしょう。

僕も含め研修を受けた事がある人は少ないのでは??

この業界に僕も10年以上いますが、研修をまともにやっているところが少ない様に思います。

さらに、スタッフに会社から外部研修や外部のセミナーを受けさせる事も少ない気がします。

逆に、それを積極的に行っている治療院って売上凄いんですよね。

何を言いたいのかというと、昔ながらの治療院業界的考えを改めた方が良いのでは??

という事です。

スタッフは始めから使える訳がありません。

人材にしても良い人材は来る訳ありません。

良い人材ならもっと大手か、とっくに独立しています。

だから、僕たちのところで働こうとしている人たちはまだまだ一人前でなくて当たり前。

そんなスタッフを僕たち経営者は育てなければならないんです。

そうしないと売り上げ上げられないので。

どうしても、自分のレベルアップの話なんだから自分の金を使ってセミナー受けにいけよ。
と思いがちですが、スタッフのレベルが低いまま雇用している事の方がヤバいと思いませんか?

毎月毎月数十万円という給与という経費が飛んでいく訳です。

だから、その経費の回収率を上げる為にスタッフ教育は欠かせない訳ですね。

どうしてもこの業界ならではの目で盗め。的な考えが頭をよぎりスタッフに投資しにくいと思います。
実際僕もそうです。

しかし、社長として治療院を経営するのであれば治療家としての自分と会社経営者としての自分を分けなければなりません。

会社の経営者の仕事とは売上を上げる事。

スタッフを育てるとどんな事になるでしょう??

売上上がりますよね。

だから、スタッフに投資した方がいいわけです。
たとえ将来いなくなっても。

もし、3年後にいなくなるとしてもその間の売上は上げてくれる訳です。

こういう一件冷たい程冷静な判断をする事で会社の売上は一気に伸びます。

僕もスタッフに50万円以上するセミナーを会社がセミナー代金を負担して受けさせたりしています。

その見返りは・・・
数百万円。

そして、これからの売上も計算すると、、、

50万円のセミナーに行かせた投資収益率は果てしないものになる訳です。

一時の痛みや感情を抑えてでもスタッフに投資する意味は大きいですよね。

だから、あなたもスタッフに投資してほしいんです。

きっとあなたの変わりに売上を上げてくれるはずです。

社長としてやらなければならない事は売上を上げる事。

利益が出せれば、治療家としては納得出来なくても会社を休ませセミナーに行かせたり、会社の経費を使ってセミナーに行かせる事も良いのでは??

その位、割り切れるときっと会社は大きくなるとおもいます。