口コミ集客は最強

熊谷剛 2014.03.21

from:熊谷剛

あなたは現在どういった集客を行っているだろうか。

今、上手くいっている治療院の大部分がインターネットからの集客になっている。

僕の院もメインはインターネット集客だ。

しかし、これは危険。

今日はそんな集客についての話をしていきたいと思います。

集客の基本として僕がいつも考えているのはダン・ケネディが言っている3M。

マーケット、メディア、メッセージの3つ。

いつも僕はこの事を念頭に置きながら集客活動を行っている。

マーケットとは顧客の事。
常に顧客が中心。

性別は?
年齢は?
どこに住んでいる?
家族構成は?
休みは?
職業は?

こういった詳細をだしカテゴリー分けしていく。
そして、どこのカテゴリーをターゲットにするかを決める。

ターゲットとするマーケットを決めたら次にそのターゲットが見ているメディアを探し出す。

メディアとは
パソコン
スマホ
フリーペーパー
看板
新聞
雑誌
テレビ
ラジオ

など、情報を発信する媒体だ。

そして、メッセージとは
そのメディアを通してどんなメッセージがマーケットに響くかを考えていく事。

集客の要素は実は単純でこれしかない。

単純だけど難しい。

ここ最近、紙媒体の広告業者がどんどん潰れてきているのは知っていると思う。

また、以前は紙だったものがインターネット化してきている事も気付いているだろう。

タウンページ等もインターネットで調べられる様になっていますよね。

このように時代とともにどんどんメディアが変化していく。

そして、その他の要素であるマーケットとメッセージもだ。

時代時代によって流行廃りがあり、反応する言葉も違ってくる。

マーケットも土地開発や新しい商品によってどんどん変化していく。

あなたは今、ポケベルなんて持っていませんよね。
でも、15年前はきっと持っていたはず。

こんな感じでマーケットもどんどん変化してくる訳です。

だから、一時上手くいっていたとしてもこういった時代の変化についていく事が難しいので会社は5年で90%以上が潰れるのです。

しかし、今も昔も変化していないものがあります。

それが口コミです。

この世の中は人と人とがコミュニケーションをとる事で成り立ちます。

コミュニケーションの大部分は言葉で行いますよね。

口伝えに伝わる事は今までもこれからも変わらない普遍のメディアなんです。

だから、ビジネスではこれを攻略していく事が非常に重要。

もちろん、時代時代にあった集客方法をしていく訳ですが、最終的には口コミがメインの集客媒体となる様にプランを構築していかなければならないという事です。

しかし、この口コミって難しいと思いませんか?

僕も今まで沢山の口コミを頂きましたが、これをシステム化するまではなかなか大変でした。

なぜ大変だったかというと僕は意識せずに口コミを作り出す事が出来ていたので、なぜ口コミが起こらないのかが分からなかったのです。

そこで、口コミの事を調べてみました。

その結果、分かった事は口コミは意図的に作るものだという事。

偶然という事もあるかもしれないけど、それは偶然じゃなく口コミを起こすだけの要素を必ず持っているんです。

そこで僕はこの要素を分解してシステムに落とし込んでみました。

口コミの大きな要素は2つ。
1)お客さんの頭の中に口コミするだけの知識を詰め込む。
2)しゃべりたくなる様な仕掛けをする。

これだけです。
これのどちらが欠けても口コミは効果を発揮しません。

1)お客さんの頭の中に口コミするだけの知識を詰め込む。
人が行動する際には次の流れを持っています。

1、考える → 2、行動する

考えないで行動する人はいないですよね。

・お腹減ったなぁ。ご飯食べにいこう。
・ヤバい、宿題やってない!宿題やろう。
・明日の仕事キツいから、早く寝よう。

など、何か理由を頭で考えイメージする事で行動する訳ですね。

逆にいうと考えられなければ行動出来ないともいえます。

例えば、お腹が減っていても

キプロス料理が食べたいから行こう。

とはならないはず。

なぜなら、ほとんどの日本人の頭の中にはキプロス料理という情報が入っていないから。

という事は、患者さんから口コミをしてもらう際にはその人の中に情報を入れておかなければならないというになる訳です。

2)しゃべりたくなる様な仕掛けをする。

人はなぜしゃべりたくなるのでしょうか?

口べたな人はいますが、本音では自分の意見を言いたくて仕方ないというのが人間。

なぜかというと、人間は認めてもらいたいという欲求を持っているからです。
本能ですね。

しゃべる事で社会に認められる事で生きている実感を得るのかもしれません。

僕は生きる以外の本能としてはこれが一番強い本能ではないかと思っています。

人は立場をなくすと、自ら命を絶ちます。
時代劇にある様に切腹する理由等はドストライクですよね。

しかし、お金がなくどんなに惨めな状態に陥っても周りの人から立場を与えられると

その気持ちだけで頑張れたりします。

このくらい認めてあげる力って強いんですよね。

だから人間は認められたくて認められたくて仕方のないんです。

特にストレスがたまってくると愚痴を言いたくなったり、いつも以上にしゃべりたくなりますよね。

これは自分の事をもっと知ってほしいという承認欲求の現れだと僕は思うのです。

という事は、この承認欲求を満たしてあげる手伝いをしてあげれば口コミは作れるはず。

そこで、僕はセルフケアとそれを知り合いにしてあげる方法を人に教える事にしました。

すると、、、、
結果が出せる事が分かると人は次々とやってあげたくなるのですね。

もう少しで仕組みが出来るからまだやらない方が良いよ。

といっても、勝手にやっちゃってました。

それは、このテクニックを相手にしてあげる事で自分自身の承認欲求が満たされ快感を味わうからです。

あなたも、患者さんに

「えぇ!!!??、先生すごい!」

といわれたら嬉しいですよね?

それはどんな人間でも同じなんです。

だから、口コミのコツとしてテクニックを教えて患者さんを身近な人の”先生”にしてあげるのです。

すると、ひとりでにしゃべり口コミを作ってくれる訳ですね。

これが2つ目のコツです。

この2つのコツを僕はABCセラピーと名前を付け今セミナー準備をしています。

これは施術にも使えるしセルフケア、口コミツールとしても機能します。

僕自身の治療院ビジネス最高傑作(笑)

あなたも口コミを意識した経営を作り込んでみてください。
口コミを意図的に作り出す事が出来ればホームページやチラシ作りに時間を割かれずに楽しい治療院運営をする事が出来るはずです。

ps
本日までABCセラピーの早期割引です。
明日から定価での募集になりますので参加される場合はお早めに。

http://abc-therapy.net/abc_lp/

pps
けんこうラボも皆さんのおかげで160名を超える先生が参加される組織になりました。
このけんこうラボではABCセラピーを軸に新規集客をしなくても勝手に集まる自動化プログラムを教えています。

なんだか、物販をしよう的な団体に思われがちですが

別に物販をしなくてもいいんです(笑)

ポイントは治療院運営の自動化です。

やっぱり治療家は施術に専念しないとね!!