成功出来ない理由

熊谷剛 2013.10.18

from:熊谷剛

西日暮里ルノアールにて

最近、僕の仕事が無くなってきた。
意図的に仕事がないような状態を作っています。

というのも、来年4月にプチリタイヤすると公言しているので仕事を減らす必要があるからです。

仕事をする上で様々なモチベーションが存在すると思いますが、僕のモチベーションは楽しいという感覚。
ビビリの僕はお金のリスクは非常に怖いと思っています。

お金というしっかりとした土台が整って初めて僕のモチベーションが高まり能力が発揮されると思っています。

ビジネス的には思った通りの状態を作り出す事が出来つつあります。
そんな高いモチベーションになるまでもう少し、、、

がんばろ(笑)

あなたはどんなモチベーションの元、仕事をしていますか?
なぜ、あなたは今の仕事をしていますか?

これって仕事を成功させる上で非常に重要な質問だと思っています。

元来、人間は楽をしようとする性質があります。
これは出来るだけエネルギー消費を抑え生命維持する為に必要な本能だと僕は思っています。

しかし、この性質が仕事の成功への妨げになってしまいます。

成功していない人の共通点は・・・

『行動していない』

という事。

ほとんどの場合、やれば結果がでるのにやっていません。

その理由は、、、
・時間がない
・資金がない

という事。

本当????????

時間がない????

お金がない????

嘘でしょ。

テレビ見てない??
マンガ読んでない??
飲みにいってない??

使うのはその時間ですよ。

7つの習慣の中で、
緊急性と重要性の話がでてきます。

その中で、緊急性が低く重要性の高い事への投資が重要という事をいっています。

時間は有限。

その時間をどう使うのかがポイント。

ほとんどの人は緊急性が低く、重要性が低い事に大半の時間を費やしています。

テレビを見たり飲みにいったりする事ですよね。

しかし、成功している人は緊急性が低いけど重要性の高い事に時間を費やします。
例えば、経営ノウハウを学んだりセミナーに行ったりです。

あなたも、このメルマガを読んだりセミナーに参加してるのに成功出来ていない??
なぜでしょう?

それは先に話した楽をしようとする性質が働いている可能性があります。

成功という結果を出す為には
物事をある一定の水準以上に能力を引き上げる必要があります。

その順番は
分かる→出来る

という順番です。

この「分かる」と「出来る」は全く違います。

人間は脳が発達していますから
分かる段階までにはすぐに行き着きます。

しかし、出来る段階はそう簡単には行き着きません。

出来る様になるには回数が必要なんですよね。

いわゆる、経験です。

出来る様になるには経験が必要になる。

そして、ほとんどの人は出来る前に楽をしてしまうんですね。

知らない事を知る事はとても快感です。

しかし、分かっている事を繰り返すには苦痛が伴います。

そしてこの苦痛からほとんどの人が逃げている。
本人は逃げているつもりがないと思いますが、僕からは逃げている様にしか見えません。

なぜなら、やれば出来る様になるから。

僕の元には沢山の相談が寄せられます。

そして、その相談の解決策は一つ。

「行動する」事。

『やれば良いのに』

と思う質問ばかりなんです。

ある質問に挫折しました・・・
という文言がありました。

挫折???
意味が分かりません。

出来るまでやれば???

僕はこれまで挫折せずに来ました。
失敗しなかったという意味ではありません。

僕が天才だったからでもなく、ただただ失敗しても愚直にやり続けてきたから。

なんだか、僕だから出来るみたいな感じで捉える人もいるけど僕だから出来る事なんてほんの少し。

ほとんどの事は誰にでも出来る事。

でも、ほとんどの人が結果を出す事が出来ない。

それはやっていないだけなんです。

ただ、ひたすらやる。

これがもっとも難しく最も簡単な成功法則。

あなたが成功したいと思っているのなら、何に時間を使っているのかを確認してみてください。

成功していないのなら緊急性と重要性が低い事に時間を費やしているはず。
苦痛は伴いますがその時間を緊急性が引くく重要性が高い事に投資してみてください。

数日で全く違う体験をするはず。
たった数日でです。

僕との違いはこの時間の使い方だけ。能力ではありません。
誰でも僕程度の成功はつかめるはずです。

自分が興味を持ったならゴー!
誰も未来を知る事は出来ません。

「これ、出来る様になりますか??」

出来る様になるか・・・?

出来る様にやるんです。

やり続けるんです。

ただそれだけ。

簡単でしょ?