あなたは基準を持ってますか?

中野光典 2015.07.02

from 中野光典

おはようございます
治療家リッチの中野です。

できる、できないの基準は大切

患者さんの紹介で来院された人の事例です。
シビレが取れずに2年苦しんでいる人を紹介したいと
相談されて診ることになりました。

その患者さんとの会話で伝えることに大切さを
再確認したので皆さんにシェアしたいと思います。

患者さんは、整形外科の受診で何も異常なし
検査結果は良くある話ですよね。
それでも症状はある訳だから納得いかない。

納得いかないから他の病院にいく。
そこでも同じ事を言われ、病気ではない事には
納得した様子ですが症状は消えないので
他の治療を探し始めて、針が良いと聞き、
針に通うも、何も変化なし。

治療が合わないと思い、他の治療院に行き
通わないと治らないと言われて、
しぶしぶ通院するも、その治療院でも変化がなし。

針で変わらない状態で困っている時に
知り合いから整体が良いよと薦められて
整体院通いが始まり、そこでも症状の
変化が無いものの、通院を強要されて来た様子でした。

通院を最初から強要されるのが嫌で
その後は、一度行って変化が無いと
他に行くようになり、結果、
その患者さんはペインクリニックに
行き着いた様子でした。

痛みが一時的に緩和するので、
クリニックに通うようになりましたが
注射の効果が消えると、また症状は元のままで
変化が無いそうでした。

いつまでもこの注射を続ける事の不安を感じて
薬の無い生活に戻りたい、そんな想いから
治療院を探し始めて現在に至るって感じです。

実際は、どこに行っても変化がなく、
何となくで通院していると話されていました。

問診から、この患者さんは本当に
悩んでいる事が伺えます。

病気でも無いので、何が悪いのか原因が
わからずに諦めながらうちにきたと話してました

早速、検査からスタートして施術して
変化の確認をして患者さんに聞いたところ変化なし。

他を検査、施術して確認したところ変化なし。

ROMの変化はあり、改善してもおかしく無いのに
シビレは変化ありませんでした。

最終的には、今まで変化が無いのが
始めて変化が少し合ったと言われて
来院したいと言ってくれました。

こんな経験、あるあるじゃないですか?!

正直キツイですよね!
自分にかかるストレスでも、先のイメージが湧けば
自信を持って治療計画を薦める事ができるのですが

その場のリピートだけを考えていても
次からがキツイので自分のモチベーションが上がら無い
ことになり兼ねないので伝えることがあります

会計の際に
「正直、僕が診ていってもすぐに変化が出ると
 思いませんのでSさんの紹介で来て頂きましたが、
 Tさんのためにも僕じゃ無い方がいいかもしれないですよ!
 他を探すことも薦めます」

本当に、この患者さんの症状を聞き考えていると
訳が分からずに、自分のキャパオーバーで
患者さんのためにも、自分のためにもなら無いと思った
時には言うようにしています。

お互いが付き合って行く中で得るものがないと
付き合いは長続きしませんよね。

患者さんは
「何回来いとか、始めは変化が出ないから
 通いなさいとか言われたことはあるが、
 他を探せと言われたのは初めてだ」
と言われて、自分から予約を入れて帰られました。

今回の出来事から皆さんに伝えたいことは
できる、できないの基準を持ってますか?!

何でも、治せると言える先生は、
できないの考えはいらないかもしれないですが、
自分の中で基準は必要です。
スタッフを雇っている先生方も
うちの院は、ここまでの症状はやるが
ここからは断る

そんな基準がないと、
患者さんも先生もスタッフも苦しむだけです。

基準があれば今回の様な時には
できない、そう言うだけです
それでも選ぶのは相手なので、後は精一杯やるだけです。

因みに僕の断る基準は
初回の変化がROM検査、症状が4割以下の方です。
決めていると楽ですよ。
ストレスなく伝えられますから。
断ることは殆どないですけどね(笑)

次回、また宜しくお願い致します。
何か直接聞きたいことがあったらメールくださいね。
では。

kuchikomishuukyaku@gmail.com