お帰りー(笑)

中野光典 2015.07.18

from 中野光典

おはようございます治療家リッチの中野です
今月も沖縄出張の機内から

「お帰りー(笑)」
いつもの食堂に寄るのが定番になっています

始めはどこに行こうかと沖縄に行くたびに探していました
中々探す時間がなく、たまたま信号の近くで
出入りがしやすそうで決めただけでした

寄る時間が13時くらいと昼も過ぎた時間帯で
少し空き始めるのもあり、店員さんもゆっくりとした感じが
心地良かったんでしょうね

数回通ったくらいに
どこか、海の見えるコーヒー飲めるところがないか
聞いたのがきっかけで話す様になりました

話した翌月にも食事に寄ると
「お帰りー(笑)」
その言葉に若干恥ずかしさを感じながらも

「ただいま!」
口にしている自分がいてちょっと照れ臭いながらも
心地よさを覚えました

それから、毎月食事に寄るようになりました
特にこれと言って美味しいわけではないですが
このおばちゃんに会い、いつもの言葉を聞く為に
寄っています

本来の目的は食事をする事でしたが
今は逆になっています(笑)
おばちゃんに会って食事をする

極論、食べるのは美味しければどこでもいいと思います
でも、今はこのおばちゃんに会う事が目的になっているので
この店でないと意味が無くなっている自分がいます
これは自分の院にも言える事で
勿論、技術を学んで患者さんに提供するのは当たり前で
腕が悪ければリピートしてくれないのは当然ですから
技術以外の面が大きいって事です

味は不思議と、数回食べていると舌が慣れてきます
慣れると他の店に寄って同じような沖縄そばを食べても
おばちゃんのところのそばが忘れられなくなります

いつも沖縄には2泊で行くので必ず一度は食べに寄ります
お帰りの言葉から、忙しいの?いつまでいるの?
普通の会話ですが、知らない土地でも

自分の事を気にかけてくれる人がいる事は
嬉しいものです

僕らの仕事も
承認、共感
といつも気にはしていますが

自分が実際に承認してもらえて
共感してもらえているとリピーターになっていました

沖縄の院の患者さんから
ここが美味しいよと教えてもったり
スタッフからも教えてもらったりとしますが

そこに足が向いてしまい
「お帰りー(笑)」
これを聞きに行ってしまう自分が今月もいます

この店には、院のチラシを置いてもらっていますが
一人も来院はありません( ; ; )
でも行ってしまうおばちゃん効果

人は人のつながりで行動するので
接触頻度が多くなればお互いに
嫌な感じはしなくなるものですが

こんな一言や、意外性がある事は
心に残るものです

自分の院でも
「お帰りー(笑)」
の代わりになるものを見つけたいと思います

皆さんも、おばちゃん効果使ってみてください
効果があったら僕にシェアしてください
では

kuchikomishuukyaku@gmail.com