治療院で売上を安定させる為の重要なポイント

管理人 2016.05.16

gazou160412_s

治療院の売上を上げる為に、いくつかポイントがあります。

その治療院の売上を上げるポイントとを知っていると、戦略を立てやすくなります。
いくつかある売上をあげるポイントの中でも、特に治療院でも活用できるものをご紹介したいと思います。

それは…。

メニューや商品の特性を知るということです。

特性と言われてもピンと来ないかもしれません。

しかしこの特性を知っているだけでも、治療院の売上をあげる為に
何をすべきかをいうポイントがわかります。

その特性とは…。

1、単発商品
2、消耗品商品
3、継続・定期商品

この3つの特性です。

今、治療院の中にもいくつかのメニューや商品があると思います。

それを当てはめて行くと、いま注力するものが何かが明確になってくると思います。

まずはこの3つの特性がどんな物なのかを簡単にお伝えします。

1、単発商品

これは1度売ってしまうと、今後買う事がなくなる商品です。
※もしくは買う周期がとても長いもの。
一般的に見ると、家などがそれに当てはまります。

特性としては、買う周期が長いのでリピートしずらいです。
また継続的な売上が見込めないので、同じ商品を同じ人には売れないなどがあります。治療院で見るとどんなものがあるかというと、物販商品の枕やマットレスなどがそれに当てはまります。

枕などは一度購入すると、次に購入するまでに長い時間がかかる事が一般的です。
その為、売上を継続的に上げたいといった場合は不向きになります。

2、消耗品商品

これは商品が消耗する事によって何度も購入する商品です。

一般的に見ると、お米やティッシュなどがそれに当てはまります。
特性としては無くなったら購入するのでリピートしやすい傾向にあります。
治療院でみるとどんな商品があるかというと、施術やサプリメントなどが当てはまります。

施術に消耗品のイメージが無い方もいるかもしれません。
しかし施術は、体が消耗して来る事が多いです。
そのように考えると施術は消耗品に入るでしょう。

3、継続・定期商品

これは商品を定期的に購入する事が決まっている商品の事をいいます。
一般的には、スポーツクラブの会費や、携帯電話などの料金などです。
特性としては、毎月の収入が見込めるので経営が安定しやすいです。

治療院では多くはないですが、クワトロハートの運営している治療院では
会員制の整体として月額で会費をもらって定期商品として扱っています。

このように考えてみると、どの商品が多いでしょうか?

リピートを考えれば、継続・定期商品が高いと思います。

今ある程度売上があり、これから経営を安定させていきたいと考える方は定期商品も
頭に入れておけると良いかもしれません。

また今、突発的に収入が必要な方は、単発商品を販売して月の売上を上げる事も出来ます。

そして、この特性を知っている事によって、今持っている商品やメニューの特性を変える事も可能です。

例えば単発商品である枕も、レンタルにすることによって定期商品にする事ができます。
一般的にもモップを売るのではなく、レンタルをして定期商品にしているパターンもあります。

クワトロハートでいれば、消耗品であった施術メニューを会員制を導入することによって
継続・定期商品に帰る事が出来ています。

このように自分の持っている商品の特性をしっかりと把握して戦略を立てることで
治療院の売上を上げるポイントがわかるようになるのではないでしょうか。

ABC整体グループ加盟店大募集