保険

寺田喜和 2015.05.09

from 寺田 喜和

このメルマガを作成中

右を見たら次女がいつになく
真面目な顔をしていました。

左の人差し指を思いっきり
左の鼻の穴に突っ込んで
鼻くそをほじっていました。

ほじった鼻くそを
「パクッ」
モグモグ食べています。

僕:「・・・」
僕:「鼻くそ食べて美味しいの?」

次女:「美味しいよ!」

僕:「・・・・・。」

娘の将来がとっても心配な寺田です。

僕の意識では鼻くそは汚い
食べる物ではない

という認識ですが

子供は素直ですね!

先入観無しで
鼻くそを食べれる
本当に素直に
鼻くそは美味しいんでしょう

5歳から6歳の女の子の鼻くそ限定ですが(笑)

案外僕らの鼻くそも美味しいかもしれませんね!
先入観で食べないだけで・・・

僕の院は整骨院です。
鍼灸や訪問でマッサージもしています。

看板が鍼灸整骨院なので
患者さんは
「鍼灸て書いてあるから鍼されるんやろか?」

と思って来なかった方もいらっしゃいます。
鍼はほとんどしてないんですけどね!

整骨院という事で
肩こりでも
「健康保険を使ってマッサージをして」

と言って来院してくる患者さんもいます。

整骨院で肩こりを健康保険を使って
マッサージをするのは違法なんですけどね
全国的にマッサージをする整骨院が多いみたいです。

マッサージはマッサージ師の資格が有りますからね!

でも患者さんはマッサージをしに
整骨院に保険を効かせてもらって通院する
先入観て怖いですよね。

違法でも、その空間でみんながしていたら
それが当たり前と思ってしまう
違法と気付いても

「みんながしているから。」

サービスを提供する側も

「しろ」
「くろ」

以外に
「これはグレーですけど。」
というセミナーや先生達がいらっしゃいます。

グレーて何やねん!
白ちゃうやんけ!

要は濁ってるってことやん!!

と思う自分がいます。

黒の仕事で

家族を養いたくはない
子供を育てたくはない

グレーとごまかして

自分に言い訳をして
家族を養いたくはない
子供を育てたくはないと思ってます。

整体院とかカイロプラクティック院の
先生には関係ないかもしれないですけど

保険扱いをしている整骨院

自由診療に切り替えるには
まずは新規の患者さんから

慢性の患者さんには
自由診療出来る患者さんには
最初から自由診療を提案した方がいいですね。

押しつけではなく
強制ではなく
提案です!

整骨院の先生は
保険扱いをしている先生は

いきなり保険扱いをやめたら

常連さんから悪い噂が立たないか?
患者さんが来ないんじゃないか?

僕も保険扱いをしていた時はそうでした。

まずは新規の患者さんから変えてみる

失敗するかもしれないけど
とりあえずやってみる