思考

寺田喜和 2015.05.28

from寺田 喜和

プリキュアを観る為に起きて来た長女に
日曜日の早朝から起こされた寺田です.

プリキュアは8時半から

起こされたのは6時半

セミナー講師の日だったので
少し早く準備ができてラッキーでした.

前回投稿した事を1ヶ月実践してみました。

毎日「愛してる」と言葉に出して伝え
どんだけ家族を大切にしているか伝え

どんな未来を考え
どんな未来を実現しようとしているのかを伝える

結果、家内の態度は変わりました。

少し優しくなった
お尻を触っても殴られなくなった

子供達は相変わらずだけど・・・

仕事やセミナーでほとんど家にいないので
言葉に出して伝えるというのは大切ですね

今回の実践で気付いたのは

子供達が僕を嫌っている
家内が僕を嫌っている

そんな風に感じるのは
人のせいではなく

自分のせいだという事

自分の身の回りに起きる事象は
自分の思考や行動によって決まってますね!

なので今回の経験を糧に
自分の思考や行動を変えて行こうと思います。

僕は思考や言葉は大切だと思っています。

患者さんにも考え方
発する言葉を意識してもらってます。

施術中に患者さんに体験してもらう時も有ります。

その名も「思考体感法」

僕の院では施術前に必ず検査をして
施術後にも検査をしています。

関節の可動域の検査の時に
今まで一番つらかった事を思い出してもらいます。

そうすると身体が硬くなる

次に今まで一番幸せだった事を思い出してもらいます。

そうすると身体が柔らかくなる

患者さんは体感する事で
自分自身の思考によって
身体がよくもなるし
悪くもなるという事を
認識してもらえるので
患者さんの回復のスピードも違います。

この方法は
患者さんとの信頼関係が構築出来ていると
反応の出方が顕著です。

みなさんの患者さんにも
ネガティブな方と
ポジティブな方がいらっしゃると思います

ポジティブな患者さんは
施術側の回復予定より
早く治ったりしません?

ネガティブな患者さんは
いつまで経っても治らなかったりしてません?

ネガティブな考えの人でも
過去に幸せを感じたことは有る筈です。

患者さんとの信頼関係を構築出来たら
ネガティブな思考の患者さんに
「思考体感法」試してみて下さい

ちなみに「思考体感法」を検索しても出てきません
僕の思いつきで命名しました(笑)

方法を知りたい人、体感したい人は
疲労回復協会のセミナー、
けんこうラボのセミナーで聞いて下さい