治療技術

寺田喜和 2015.06.13

from寺田 喜和

久しぶりに子供が起きている時間に自宅にいる時は

保育園から借りて来た絵本を読んであげます。

絵本を読んでいる時は

比較的僕に対して従順になります。

読み終わったら

意味もなく殴られますが・・・

最低3発

大きくなるにつれて

結構痛いんですよね

平日に早く帰る時があったので

絵本を読んで上げてたら

上の子が右の人差し指を

右の鼻に突っ込んでから

「パクッ」

僕:「今、ハナクソ食べたやろ!」

上の子:ニヤリ

僕:「美味しい?」

下の子:「ハナクソ美味しいよな!?」

僕:「・・・・。」

寺田家ではハナクソを食べる事が

スタンダードになってきています。

僕は疲労回復協会という治療技術の講師をさせて頂いてます。

治療技術って色々ありますけど

疲労回復整体は特殊な治療方法

これだけをやればいいなんて治療技術がありますけど

疲労回復整体は、これをやらずに治療するの?

って感じの治療法

全国のほとんどの先生が、技術に新鮮さを感じるだろうし

習得にも時間がかかると思います。

まあ、簡単に習得出来る技術なんてないですけどね

簡単に見えるようで簡単じゃない技術

みんな簡単に出来て

患者さんが治って

時短が出来て

売上が上がって

こんなんにすぐ飛びついてしまう

僕もですけど(笑)

習いに行ったけど簡単に出来ないから

面白くなくなって

諦めてしまう

挫折してしまう

新しい手技に目がいってしまう

僕も過去に色々行って使ってない手技はたくさんあります。

引き出しを多く持つ

聞こえはいいですけど

ほとんどの先生が

ぶれてるだけなんですよね

僕もブレブレでした

もちろん技術に関しても知識に関しても

卓越した物を持っていらっしゃる先生も

僕の周りにもいらっしゃるんですよ

ただ少ない

マッサージでも

鍼でも

カイロプラクティックでも

どこまで練習したらいいのか?

どこまで習得したらいいのか?

色々な技術があります。

考案された先生方の知識と技術を

集約した物を提供して下さっていると思います。

簡単に手に入る物ではないです。

何回も練習して

何回も学びに行って

人に教えられるレベルまで習得出来たら

高レベルで教えられる様になったら

その技術に関しては合格ではないでしょうか?

自分の感性や感覚を入れるのは

人に教えられるレベルになってから

新しい技術を学ぶのは悪い事じゃない

学んだら患者さんに商品として

身に付くまでは何回も学びに行かれる事をお勧めします。