学習

寺田喜和 2015.10.10

s_learning

from 寺田 喜和

僕はお昼休みの時間に障害者の施設に往療に行っています

涼しくなって秋めいてきました

道中、山道を通る時に山栗が沢山落ちています

山栗は小さくて皮をむくのが面倒なんですが

甘くて美味しいんですよ

栗ご飯は最高に美味しいです

山道走っていると落ちている山栗を見ながら

「美味しそうやなー」

と独り言を言いながら通っています

先日、疲労回復協会のセミナーの帰りの電車内で

Facebookのメッセンジャーにメッセージが

近所の整骨院の先生からです

所属する協会が違うのですが

たまに飲みに行ったり食事に行ったりする間柄です

お互いに患者さんを紹介し合う中です

メッセージの内容は

来年の1月10日に結婚式をするので友人として参加して欲しいと

返事は、もちろん

喜んで出席させていただきますと返信しました

次の日の月曜日

ひょっとしたら疲労回復協会のセミナーを

休ませてもらわないといけないかもしれないので

4月に入ったばかりの新人

山本くんに

僕:「来年の1月10日て、何週目の日曜日?」

山本くん、カレンダーを確認してくれ
山本:「第3週目の日曜日です。」

僕:「そうなんや、ありがとう。」

疲労回復協会の予定を調べると

僕メインのKSテクニックのある週

「あっちゃー、しゃーないな。」
「誰かに代わってもらうか・・・。」

「・・・ん?」

僕:「山本くん!ほんまに10日て第3週目??」

再びカレンダーを見てくれ
山本:「はい!第3週目の日曜日です。」

小学校の時の算数を駆使して
僕:「なんで10日が3週目やねん!」

山本くん、再度カレンダーを確認
山本:「3週目の日曜日です・・」

大木 こだまばりに
僕:「ほんまやなー!?」

山本:「えっと・・はい・・・3週目の日曜日です。」

僕:「1月のカレンダー見て10日は何個目の日曜日なん?」

山本:「2個目です。」

僕:「それやっったら2週目の日曜日やんけ?」

山本:「え?! そうなんですか?」

そこから山本くんの話を色々と聞いていると

前の月の最終週を入れて数えてたみたいです

気付くのに24年かかった山本くんは

嬉しそうに「ありがとうございます。」と言っていました

僕もよくあります

自分では当たり前と思っていたことが

世間では当たり前ではなかったこと

学習方法に問題があったのか

思い込みがあったのか

僕の場合はアホやった(笑)

気づいた時点で、学習した時点で

今までの、当たり前を修正します

これって治療技術でもよくあります

何年、何十年とかけてやってきた技術

そうそう簡単に忘れることができません

特に身体が・・・

頭ではわかっているのに

気づいたら身体が前の身体の使い方になっていた

その都度気づいて修正することによって

その都度学習して自分のものにすることによって

患者さんに自信を持って提供する技術を

習得することができますね

そのためには

反復

教えてもらったことをそのままに

反復

教わった先生に定期的に間違いを修正してもらいながら

反復

頑張りましょう!!

もし反復しているのに

定期的に修正しているのに

技術が向上しない方は「けんこうラボ」の枕

機会があったら使ってみてくださいね

よく読まれている記事