アイドルを好きになった日

内村大輝 2015.07.09

from 骨盤王子

HKT48!!!!!!!
エイチケーティーフォーティーエイトー♪

はい。

博多に住むものとして、九州男児として、
地元のアイドルを応援する為とこじつけて、
人生初めてアイドルの生誕祭なるものに行って参りました。

生誕祭言うな!誕生日会って言えよ!
というツッコミはここでは受け付けません。
(ファンの方申し訳ございません)

まず、生誕祭を見に行くために
AKB48のチケットセンターで登録し応募
よく考えたらこの時点で誕生日や住まい連絡先
多くの個人情報が・・・

ドキドキしながら待つこと1日。
朝からちょくちょくメールを見るが中々
当選のメールが来ない。

が、最近人気で当選確率が下がっているにもかかわらず
何故か無事当選。

取り敢えず一安心。テンションが上り、
患者さんにHKT言ってくるから!
と言うと、先生オタクですか?
とキモがられる・・・

なぜ?
俺は純粋に地元の活性化のために(泣)

まぁ、気を取り直して
もう一度当選メールを見直すと
「パジャマドライブ」と書いてある。

アクション映画好きの九州男児としては、
オーバードライブ的な、格闘技の必殺技を思い描いた。

先にネタを明かすと、パジャマを着てドライブに行くという
曲のタイトルだったのだがこの時点では完全に必殺技。
HKTがパジャマドライブするのか?

ストⅡみたいな感じか?

そう思って、ちょっとドキドキしていたのは隠さずに言おう。
そして当日。

お!!!意外と普通の感じの人が沢山来てんじゃん!
と思えばSBH(ソフトバンクホークス)の方たち。
うーん熱男ですね!!!爽やか!

よくよく見ると俺達が向かう先には猛者が沢山いた。
名付けてモサ男。世界最強のスパイ組織モサドじゃないですよ。
ただのもさお。
平仮名にすると本当にもさい。

でもここで、なんか「にわか」が来て申し訳ないですと言う
気持ちになりました。ごめんなさい。
心のなかの天使が小さく謝ったのはつかの間・・・

なんかよくわかならないが、マッチョの誘導係りに
順番通りに並ばされ生誕祭のルールを聞いていると、
ここでオーバードライブ発動!

なんと、一番最初に入場できる権利をゲット!!
ついてるぜ!!!!!!
と、思いきや

今回で100回目の〇〇さん。
一番最初にご入場をどうぞ!
この強者を皆で称える。

お!!!すげ!!!!的な。

1番ではなかったが、
無事入場を果たし最前列をGET。

手を伸ばしたらHKTにさわれそうなぐらい
近い!!!!!警備員も目の前にはいない。

始まった!!!ついにアイドルが目の前に!
が、本当に申し訳ない。

ファンの方たちが名前をマニュアル?
通りに叫んでいるのに対して、
誰一人として名前がわからない。

なんとか、かんとか、ジャージャーと言っている。
親衛隊?応援団長みたいな人もいる。

しかも、女の子によって手持ちのライトの色を
変えないといけないのか?

なんだこの振付は!???
超ー絶ー可愛いと言っている。

正直ついていけない。
最前列で申し訳ない。
また、俺の心の中の天使が小さく謝った。

小さくね。

が、せっかく来たのだから勉強勉強!
ふむふむ。

語尾を上げてしゃべるとアイドルぽくなるのか。
1人で語尾を上げて喋ってみた。
うむ。キモい。

一人ひとりキャッチフレーズがある。
はいっ!中学3年生、12歳。佐賀生まれ○○の○○ですー↑↑
みたいな。

キャッチがある子は名前が覚えられた。
ない子は覚えられない。

整体師も一緒だね。
博多のモサオ。明太大好き!骨盤王子です♪
みたいな・・・

でも忘れないでしょ?
僕は交流会や治療関係の勉強会に行くが
誰よりも覚えられる。

それは名前が独特だから。
骨盤王子。忘れられないよね?
欠点も有るのだがそれはまた今度。

HKTの皆の名前はちょっとずつ分かってきた。
ここで次の興味が。

皆可愛いが、どの娘がおれは一番好きなんだろう?
と思って見渡すと・・・・

絶対!この子だ!!!という女の子がいた。
めちゃどストライク。
なんか初めて会った気がしない。

なぜだ?
自分では分からない。
隣のモサに聞いてみた。

答えは、自分の彼女に似ている・・・
これがザイオンス効果かっっっ!笑
何回も会うと親近感が湧くという。

それと一貫性の法則
そういえば大体同じような感じの顔の子を好きになるな・・
自己分析もしてみた。

そうやって、俺はマーケティングの勉強に来てんだ
と無理矢理思った。アイドルを見に来ているのではなく。
俺は会社の勉強に来ているのだ。

10人の信奉客を大事にと言うように、
HKT劇場の方も100回来た方を超優遇していた。

整体師は院の中、仕事中は役者。少なくとも俺はそう思っている。
ようは人気商売だよね。

アイドルの方たちは凄い。
多分僕達や来ている方達のことはそんなに好きではないと思う。
そんな僕達に夢を与えるため、

めっちゃ笑顔で目線を合わせながら手を降ってくれる。
これには正直ドキッとした。

けど、よく観察すると常に笑顔の子と
時折、笑顔が少し抜ける子がいる。

これが差か。
でも理解るよ!しんどいもんな。
俺達も仕事中。

患者さんが思うように治らない時、
横柄な態度の時、
こちらがミスをした時、
スタッフにイライラした時、

一瞬でも顔に出ていないかな?

公演が終わると、最後はハイタッチをしてくれる。
HKTに触れる大チャンス!ファンは超絶嬉しいはず。

僕達の業界でも自分のファンがキュンキュンする様な
特別なサービスをしているか?

こうして、俺の一日は終わった。
もちろんその後、週3で送られてくるHKTのメルマガは
欠かさず読んでいる。
推しメンも決まってしまった。

またいこうかな・・・・