人間は変わらない

内村大輝 2015.08.22

s_kaisyain

from 骨盤王子

こんにちは!骨盤王子です。
毎度いつものきれいなコーヒーからお送りします。
因みに正式な名称はオアシスコーヒーらしい。

まぁ、それはおいておいて
よく勉強会などに行くとスタッフのことで悩んでいる
先生が非常に多いのに気付きます。

経営者のほとんどが必ず一回はこの点で悩むのではないでしょうか?
今回はそんなあなたにスッキリしてもらいましょう。
僕のメルマガでは考え方をお話することが多いですが、

今回はやり方をお話しようと思います。
時間としては30分ぐらいあれば出来ると思います。
ぜひやってみてください。

読むだけでは意味がありません。
必ず行動を。

では・・・

井の中の蛙ではありませんが、
基本的に自分のことは自分でわかりません。
一度はなれて考えることが非常に大事になります。

まず、真っ白な紙を用意してみてください。
コピー用紙でも、大学ノートをちぎったものでも
なんでも構いません。

次に細長い付箋で輪っかを作り、そこに自分とスタッフの名前を書き
名前が入った人形?みたいなのを作ります。

そして、目をつぶり想像して下さい。
あなたはこの紙が会社や院だとしたら何処にいるでしょうか?

そこにあなたの人形を置いて下さい。
この時に大事になるのが、人形が向く方向です。

あなたの人形はどの方向を向いているでしょうか?
そして、その次に
スタッフ1人1人をおいて行って下さい。

あなたのスタッフはどの位置にいてどの方向を向いているでしょうか?
紙の中にいるとは限りませんよ?
自分の心に正直に真剣に考えて配置してくださいね。

はい。
配置できましたか?

果たして、あなたのスタッフは何処にいましたか?
自分の横ですか?後ろ?前?
はたまた、紙の外?

遠くの斜め?
色々あると思います。
向いている方向も、

前を向いている人もいたと思うし、
自分の方向を向いている人、
自分と同じ方向を向いている人、

外を向いている人、色々いたんじゃないでしょうか?
それがあなたの院の現状です。

あなたが作った現状です。
原因はあなたです。ここで自分のせいにできない人は絶対に伸びません。
人のせいじゃないんです。

大事なのでもう一度言います。
原因はあなたです。

けれど、大丈夫。
きっと良くなります。

次は、自分が理想とする
位置や方向を向けてスタッフの人形や
自分の人形を動かしてみてください。

出来ましたか?
本当にその位置、方向であっていますか?

はい。
あっていれば次のステップです。

最後は、最初に並べた位置から
どうすれば自分が理想とする位置になるかを
考えます。

ここが非常に面白いところでもありますが、
大変なところでもあります。

ポイントは紙をテレビ。紙の上の人形たちを
ドラマの主人公たちと見ることです。
要は客観的に見るということです。

客観的に見て、
このスタッフはどうなんだろう?
なんでこの位置でこの方向を向いているのだろう?

本当に自分はこのポジションにいたいのかな?
それが、徐々に見えてくると思います。

正直これで全てがすっきりするとは思えませんが、
頭のなかはクリアになると思います。
この後の細かい内容は僕に会った時に聞いて下さい。

大丈夫。変わらない人間がいるのは確かですが、
多くの人間は変わります。それはあなたもスタッフも同じです。
人間は変わることが出来ます。