読み継がれるストーリー

内村大輝 2015.11.28

s_book1

from 骨盤王子

こんにちは!骨盤王子です。いつものカフェからお届けします。
院の目の前のカフェなんですが、1年ぐらいかけて通った結果、

ようやくお店の女の子が顔を覚えてくれ始めました。

女の子:「いつもありがとうございます!」
僕:「こちらこそありがとうね!」
こんな会話から今回の僕のメルマガ執筆はスタートしました。

大学生の可愛い女の子に声をかけられテンションが高いので、
今日のメルマガも頑張ります(笑)

さて、今回は私が整体師になりたての頃のお話です。
昼は原チャリで出張整体をしていて、
夜は土方などのアルバイト。

お金をためて、ようやく自分の店をOPENさせましたが、
鳴かず飛ばずの閑古鳥。1日の平均来院数は1人から2人。
そんな時、常連さんになってくれたYさん。

75歳のおばあちゃんです。
白髪が綺麗でいつも身なりには気を使っておられました。

腰が悪く、院に来るのも常にタクシーで
杖をついてやっとの思いでこられていました。

口癖は「よっこらしょ」
とてもお上品な方なので「よっこらしょ」もお上品。

体を一緒に治して行くため週に一回の治療計画を立てました。
よし!!必ず治してやるぞ!意気込んでいたのも一瞬で・・・

必死に治療しました。
夜も夢に出てくるまで治療方法を考え練習しました。

しかし、この頃の私の治療技術では歯がたちませんでした。
それでもおばあちゃんは僕と約束したとおり毎週通ってくれます。
杖をつきながら「よっこらしょ」

普通は治らないと患者さんは来院しなくなるのですが、
このおばあちゃんは違いました。治らないのに来てくれる。

正直、経営的には有りがたかったです。
おばあちゃんごめんな。

「今日はおみやげ持ってきたよ!」とおみやげをくれたり、
「先生お腹すいとろうけん、おこわ炊いてきたよ」と
おにぎりを持ってきてくれたり、

お孫さんの写真や、自分の若い時の写真を僕に見せてくれたりしました。

僕が患者さんが来ないでへこんでいるときは、
いつも「大丈夫!先生ならなんとかなるよ!」
と決まって僕を勇気づけてくれました。

今考えると治療家失格ですよね?
本当にこの時の僕はダメダメでした。

鳴かず飛ばずでしたが、掛け持ちのアルバイトでなんとか食いつなぎ、
治療院を続けていくうちに若干ですが患者さんも増えてきました。

しかし、おばあちゃんは一向に治らない。
毎回杖をつきながら「よっこらしょ」

当時よっこらしょという声は街でも、どこでも聞きたくありませんでした。
おばあちゃんが治らない。苦痛でした。

そんなあるとき、おばあちゃんが手紙をくれました。

「いままでありがとうね。自分の息子みたいで毎週先生に
会えるのがとても楽しかったよ。
けれど、お金の都合でもう先生の所に通えなくなりました。
これからは、しょっちゅう会えないけど先生の院が繁盛するのを
心待ちにしていますね。」

たしか、こんな内容でした。
正直ショックでした。
お金がなくなるまで僕を信じて通ってくれていたのに治せなかった。

このとき、院の方針として毎月患者さんに対しておハガキを送っていて
このおばあちゃんにも、この手紙を頂いた月から毎月おはがきを送りました。

誕生日の日には「おばあちゃんお誕生日おめでとう!おげんきですか?
私はおかげさまで元気です・・・」

一年後には「お陰様でお店が繁盛してきました。おばあちゃんのお陰です!
ありがとう!!」

2年後には「おばあちゃん!テレビ出演して電話が鳴り止まないよ!
おばあちゃん見てくれたかな?」

毎月毎月ハガキを出し続けました。いつかおばあちゃんが来院することを
願いながら。

しかし、毎月ハガキを送るもおばあちゃんが来院することはありませんでした。

3年後、ようやく返事が来ました。
Yの息子です。突然のお手紙申し訳ございません。
母は先日がんで他界しました。
この度はあなたに伝えたい事があってお手紙を書かせて頂きました。

母の日記です。
母の思いが伝わったら幸いです。

「今日の先生はいつもより元気があった。患者さんも少しずつ増えてきたのかな?」

「今日はいつもより腰が楽になった感じがする。先生も上達したみたいね」

「昼は整体のお仕事、夜はアルバイト先生の体大丈夫かな?心配だ」

「彼女が出来たいみたいでよかった!これで先生も健康になるかも」

「先生は頑張り屋さんだ!色々勉強してるから大丈夫。頑張れ!」

「先生から誕生日のはがきが来た。覚えてくれて嬉しい。けれどもう治療院へは
行けないし、手紙を書くと先生が心配するからやめておこう・・・」

「また、先生からはがきが来た。けど、目が霞んで文字がよく見えない。」

「先生からのハガキだ。頑張っているみたいね!私も頑張るわよ・・・」

今年で開業して5年目。

Yさんのおかげで頑張っています。そして今最高に盛り上がっていますよ!!
天国でもお元気でしょうか?

ありがとうね。おばあちゃん。

ストーリーにして話をする。

ソフトバンクのCM
auのCM
スターウォーズ

色々なものにストーリーが使われていますね?

ストーリーには人に信じこませ、共感させる魔法があります。

さて、このおばあちゃんの話は本当のお話でしょうか?
そして、あなたの院にはストーリーが有りますか?
また、それを明示していますか?

一度考えてみてください。
そして、行動してみてください。
おばあちゃんはもう生き返りません。

今という一瞬が大事なんです。
そして行動の積み重ね。その時を後悔しないように。

※おばあちゃんの教えです。

追伸
もしあなたの院にストーリーがなければ私達と一緒に成功のストーリーを
作りませんか?そのきっかけを作るのはコチラです。

http://www.kenkoulabo.com/