勉強法ってやっぱり大事だね

内村大輝 2015.10.08

s_brain

from 骨盤王子

こんにちは!
本日も綺麗なコーヒーからお届けします。

今日は実に嬉しいことがありました。
皆さんももうご存知かもしれませんがノーベル賞をとりましたね。
しかも2人!! 同じ日本人として誇りに思う!あっぱれ!

ノーベル物理学賞に梶田隆章さん
ノーベル生理学・医学賞に大村智さん

改めておめでとうございます。

世界の医学、物理学の更なる発展を祝いながら
毎度お馴染みの綺麗なコーヒーから
メルマガをお届け致しますね!

本日の本題は「勉・強・法」

勉強法と聞いたらみなさんどんなイメージですか?
学生時代のテスト勉強やらをイメージしているかもしれないけど、
私たち治療家たるもの勉強は一生涯続けていきたいものだと思います。

そう言わなくても、治療家の先生たちは勉強熱心ですもんね。

しかし、多くの先生は勉強法を知らないで
多くの時間を無駄にしている可能性があります。

それで大事になってくるのが勉強法! 
本屋に行くと社会人のための勉強法などがズラリとありますよね。

それだけ世の中、効率的に勉強することが
如何に大切かということがわかりますね。

ということで効率的 効果的に勉強するための
エッセンスをどーんとお届けします!

■21日の法則
■インプットとアウトプットの重要性
■みかん練習法(りんごでもいいかも)

たった、3つのやり方を知るだけでもうあなたは勉強上手!

まずは、21日の法則

21日、すなわち3週間のことなんですが、
例えば「寝る前1時間は○○の勉強をする」
と決めて3週間は何が何でも寝る前に1時間は勉強するんです。

そうすると、寝る前に1時間勉強する習慣が身について
勉強しないと気がすまないくらいになります。

やっぱり勉強って習慣なので、まずはやり方云々より
習慣化することが本当に大事になってきます。 

とりあえずみなさん21日(三週間)は頑張りましょう!
石の上にも3年ではなくて、3週間(笑)

因みにうちのスタッフは解剖書を広げる
という習慣から始めました。
広げるだけです。全然よんでません(笑)

次はインプットとアウトプットの重要性

これは皆さん聞いたことあると思います。 
ですが、重要なのは知っているけど出来ていますか?

セミナーに行って「なるほどー」って思ってそのままなら
インプットだけで役に立ちませんよね。

その「なるほどー」を周りの方に分かり易く説明したり
自分自身がやってみるなどしないと出来ないので
これからは誰かに教える前提でセミナーに臨むと
吸収が断然違うでしょう。

座学的な学習においても見るだけでなく
自分で説明が出来るか、見なくても言えるか
アウトプットを意識して学習してみてください。

分かりやすいのは薔薇という漢字。
これは誰でもバラと読めるでしょうが、
書いてと言われて書ける人は数少ないですね?

しっているのと、出来るのは違うんです。

みかん練習法

みかん!?ってそう、あのみかんです。
ミカン練習法というのはイメージを明確にすることで
記憶がより定着しやすくなる記憶法なんです。 

例えば、目の前にみかんがあります。

そのみかんはどんな形ですか?
色は?

では掴んでみましょう。
つかんだ感触は?香りは? 
それでは皮をむいていきましょう!

という感じですね。

イメージが鮮明になっていればつい食べたくなってしまいますよね。
その逆に、なんだか黄色い丸い物体ぐらいの
イメージしかないのなら、それはたくさん練習して
イメージをより鮮明にしていかないといけません。

どうしてそんなにイメージが大事かというと
テキストでも何でもいいのですが、
文章だけをおってもそれがイメージできなければ
理解が出来ないし、明確にイメージ出来れば理解できたとのと
同じことです。

このイメージ力がつよくなると、
教科書や文章を見ただけで覚えてしまえるようになります。

実際にうちにスタッフも記憶力が良くなっているような気がします。

とまあ、今回はこの3つの勉強法をご紹介したわけですが、
如何でした?

勉強ってやり方一つで苦痛になったり、
結果が出て面白くなったりするわけで
折角やるなら後者のほうがイイ!
是非一度お試しあれ!