「もやもや」させてる?

上野淳 2013.11.12

from上野 淳

僕は普段あまりテレビや映画をみないのですが、
この間ひさしぶりに映画館に行ってきました。

映画のタイトルは
「ナゾトキネマ」

そう。最近流行りの謎解きものです。

これが内容うんぬんというより、
なかなか面白い経験だったので、
シェアしようと思います。

このナゾトキネマ、
内容が「出題編」と「回答編」に
分かれています。

今回僕は
「出題編」
を観に行ったわけなのですが、

この映画、
なかなかルールが面白い!

まず入場するときに
紙とペンが渡されます。

そして映画を観ながら、
それにメモって
謎を解いていくわけです。

しかも、
映画中に「シンキングタイム」
というのがあります。

この間は謎を解くために
まわりの人とおしゃべりOK!
おーっ、新しい!!

まあ、とはいえ
火サスの犯人探しみたいなもんかなーとか、
軽いノリで観に行ったのですが、、


とんでもなかった!
全然わかんない!!
ポップコーン食ってる場合じゃねぇ!!!

映画館と言えば
シーンと静かな空間で
ゆったりまったり楽しむもの

そんな常識は
あっさり覆されました。

こんなに穴があくほど、
しかも焦りながら、
集中して映画観たのは始めてです。

映画中、謎解きのヒントになる
短編映画を三本観るんですが、
これもまた、クオリティ高。

まりえめっちゃ怖い…

謎解きに来ているのを忘れる、、
はっ、やばい、、メモメモ
二本目を観終る頃に、やっとシートの使い方がわかってくる、

あ、もしかして最初の短編、
あそこが重要だったのかも、、
やばい、メモってない、、、

「また観に来なきゃ。。」

映画が終った後、
館内にいたみなさんが
口々に言っていたのが

「やばい、全然わかんない!」
「最初からメモっておけば良かった~」
「あれこうだよね?」
「また観にいかなきゃ!」
「もやもやする~~」

なにより
映画館が終った後、その映画の内容について
これほどみなさんの会話が弾んでいる光景を
僕は初めて見ました。

【もやもやさせてる?】

この映画の凄いところは、
「リピート」
「クチコミ」
の要素が、大量に散りばめられていることです。

さらに
「映画そのものに集中してもらう」
という、

本来の目的にも成功しています。

この要素を院の経営に置き換えられたら、、
なかなか面白いことになるんじゃないでしょうか?

たとえば
僕の院では、患者さんの悩みに対して
「健康」を提供しているわけなのですが、

【健康とは運動×食事×睡眠のかけ算で成り立つ】

この考えのもと、
サービスを提供しています。

【運動=血液の循環を良くする=「施術」】

院の施術ではここの部分をおもにやっています。

でも、
患者さんを「健康」にしてあげることは、、

【食事】
【睡眠】

からでも可能なわけです。
そのための商品やテクニックも持っています。

つまり施術と同じことが
それらの商品でも
出来てしまうんですね。。

(ここで実際試してもらいます)

でも僕は整体師です。
それを言っちゃ~おしまいなので、、

「今日は」施術でやっていきますね。(本来の仕事はこれですし)
全部やってたら二時間たっても終らないので笑

とか言いながら、施術を進めていきます。

そうすると、

「え?!なにそれ?!」
「やってくれないの?!」
「次は教えてくれるの?」
「それいくら??」

こんなリアクションが引き出せます。

つまり
商品に対しての説明は

【未完】

の部分をあえて作り、
その患者さんが興味を持ったとき、
またはそれが本当に必要と思われるとき、
提供していくというスタイルをとっています。

これは施術においても同じで、
色々なテクニックを、
ちょっとずつ、
患者さんの状態の必要に応じて魅せていくのです。

必要なのに
もったいぶるのではありませんよ。
もちろんその人の状態を改善するのに必要なすべてを提供します。

でも必要もないのに、
習得しているあらゆるものを
毎回全部やってあげる必要は無い。

人間おなかいっぱいになったら
眠くなります。

おなかいっぱいになったら、
底が見えたら、飽きます。

でも、

底が見えない、、
先が気になる!
新しい!!
もやもやする!!
なにそれ?!

こういった感情を引き起こさせるような、
そんなプログラムを組んであげられたら、

「リピート」
「クチコミ」
が発生しやすく、

そしてあなたの
「施術」
に集中してもらう上で、

非常に重要になることが
なんとなくおわかりいただけるでしょう。

映画館から出た後、
・もう一度来たい!と思わせる
・映画についておしゃべりさせてあげる
・話題を作ってあげる
・クチコミさせてあげる

映画作成者のそんな意図が、
このナゾトキネマを観た後、
すごく感じられました。

「人は本来クチコミをしたい生き物である」

事実僕はここで
めっちゃクチコミしちゃってますよね?笑

あなたはどう?
患者さんに全部やっちゃってあげてない?
もう一度来る理由を作ってあげてる?
クチコミさせてあげてる?

もやもや、させてる??

PS
僕が実際の施術でつかっている考え方

【 健康 = 運動×食事×睡眠 】

この考え方のもと動いているのが

「けんこうラボ」

という団体です。

ここに僕が未完を作るために使っている
「商品」
「テクニック」
全てがあります。

http://www.kenkoulabo.com/nyuukai/index.html

※今回の募集は締め切りました
申し訳ございません

また、未完を作るための
「施術」
はここで学べます。

http://www.hiroukaifuku.jp/nyuukai/3/letter1-2.html

PPS
この映画を観に行った後、
まずカフェで映画の謎解きの話を!!
そんな楽しそうなカップルが大勢いました。

普通こんなに映画の話で盛り上がらないよな~~

リピートやクチコミだけじゃなく、
カップルや夫婦仲の改善にも…
おススメかもしれませんよ?

もちろん僕らの仕事でも、
同じように出来ていれば
そんな側面があるのかもしれませんね!

…自分のこと?
いろいろ、経験談です笑