「セミナー恐怖症?克服法」

上野淳 2013.09.03

from 上野 淳

「セミナー」

あなたは行ってますか?

僕たちの業種に関連するものだと、

技術セミナー
経営セミナー
自己啓発セミナー
などなど

多い人だと
毎週行っていたり、

「いつ休んでるんだ?!」

っていうくらい
休日はセミナーにばかり参加している人を、
僕も何人も知っています。

そういった人たちは
非常に質の濃いアウトプットをしてくれますから、
一緒にいるだけで、ものすっごい勉強になります。

と、同時に彼らに多く共通するのは

非常に家族を大切にされていたり、
コミニュケーション上手な人だったり、
時間管理や仕事の仕方が素晴らしい、などなど

人間的にもお手本にしたくなるような人が
たくさんいます。

だからみんなもセミナーにいきましょう!!

、、っていう話がしたいわけではありません。

【セミナー = 勉強をするところ?】

このメルマガを読んでいるような人には
あんまりいないと思いますが、

僕のまわりには、いまだに
「セミナー = 怪しい」
と思っている人が、結構います。

田舎に帰ると、とくに。。

この間セミナーにいって、、なんて話をすると
親戚にあきらかに怪しまれます。
自己啓発のネタとかだと、もう確実に(笑)

若い世代でも
「休みの日にまで金をかけてセミナー??」
なんてリアクションされることが結構あります。

彼女に
「いや日曜日はセミナーだから」
といってモメた例も多数知っています (笑)

どうやら世間ではいまだに、

「セミナー = 怪しいもの」
「セミナー = 勉強するところ」

こういった認識の人の方が大多数なようです。

かくいう僕も、
昔はセミナー嫌いでした。

なんで休みをつぶしてまで…
そもそもセミナーって響きが怪しいし…
まんま思っていました。

さらに
極度の「緊張しぃ」のため
セミナーとか初めての場所が大の苦手だったのです。

セミナーにでても、
たいして誰かとしゃべることもなく、
終ったらそそくさと帰っていました。

それが普通だと思っていたんですね。

でも、とあるセミナーで
「自己紹介ワーク」
をやったときに、ある方がこんな風に言っていました。

昔は人見知りでした、、
極度のあがり症で、、

※(僕の心の声)「お、自分と同じだな?」

でもこのままじゃいけない!
とセミナーに出るようになったと、

でもこの内容はもう知っていることばっかりだったし、
とくに得るものはありませんでした、、。

※(僕の心の声)「え?それ言っちゃう?!おいおい…」

でもこれまではこんなにたくさん
自分と同じ悩みを持っている人がいる、
って知りませんでした。

悩みを共感できる仲間をみつけて、
1人で悩まず仲間とともに成長する、
それが私がこれからもセミナーに出る目的です!

※(僕の心の声)「…!!」

それから僕の認識は変わりました。

セミナーはもちろん勉強する、学ぶところです。

ですがそれと同じくらい、
またはそれ以上に重要なことが、

・同じ悩みを持っている人
・意識の高い人
・ギラギラしてる人
・成功者

たちが集まってくる場所、ということです。
それこそ休日や平日の仕事を犠牲にするくらいの人が。

この機会を活かさない手はありませんよね!

この日から
僕の中で「良いセミナー」の基準ができました。

それは、内容が素晴らしいのはもちろんとして

・参加者がお互い仲良くなれるような自己紹介時間などがある
・懇親会や終った後の飲み会がある

ということです。

仲間を作り、
仲間とともに成長する。

大人になると
なかなかその機会も減ってしまいます。

そんな機会を与えてくれる場所が
「セミナー」
なんだと思います。

ただノートを増やすだけじゃなく、
もっともっと有効利用しないともったいないですね!

あなたはどう?
セミナー、でてる?
懇親会、参加してる?

*****

ps
「けんこうラボ1期生導入セミナー」
が日曜日にありました。

今回は主催者として、
壇上に立つ側でしたが、

セミナーは、
やる側にたつことで、
さらに多くの気づきが得られますね!

今回参加していただいた皆様、
誠にありがとうございました!!

懇親会、最高に楽しゅうございました。

どうやら私、懇親会では別人のようです。
懇親会のテンションでセミナーやればいいのに…
って言われましたが、、

それは無理でしょ!(笑)