【ねたラボ】vol.21 ~週刊臨床小ネタ集~

上野淳 2014.04.10

from上野淳

僕が患者さんに対して、
施術中に言うトークは、
基本的にワンパターンです。

それは、

「やわらかくします」

「なぜそうする必要があるかっていうと、、」

これだけ。

患者さんが
老若男女、
アスリート、
社長や芸能人であろうと、
この部分は変わりません。

その
「なぜ?」
の部分を補完するネタ。

それがこのネタラボでも
ちょいちょいお話ししてきた、

【こども】

の考えかた。

今日は僕のよく使う
ねたラボ的基礎の復習です。

↓↓

「回復」についても、
「ケガ」予防についても、
「元気になる」ことについても、
「アンチエイジング」や「抗酸化」なんかについても、、

基本的にこの業界の行う
あらゆる「解決策」についてをこの
こどもの話で帰着させられるんじゃないかと思います。

みなさんのトークネタの基礎はなんですか?
僕にもシェアしてくださいね!

PS
施術テクニックのなかでも
これは非常に患者さんウケが良いです。

特に恥骨矯正のくだりはいいネタになります!