【ねたラボ番外編】口下手先生向け!5つのトークネタ講座《常連編》

上野淳 2014.08.21

from上野淳

全3回でお送りしてきました、
「口下手先生向け!トークネタ講座」

こちらはもうご覧になりましたか?
↓ 
その2《リピート患者編》

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
本日は
「口下手先生向け!トークネタ講座その3」
《常連編》
について、お送りしていきます。

リピートもしてくれている、
症状もずいぶん良くなった、、
人となりもだいぶわかってきた、、、
だいぶ自分の意見を取り入れてくれている。。

さあ、
患者さんがこうなってきたら
あなたは何を話しますか?

いわゆる
「常連」患者さんですね!

この段階まで来ると、
患者さんはある程度
あなたのファンになっていますよね。

だから逆に、
そのファン心理を
壊さないように、、

僕はそんな風に
気を遣ってしまっていました(苦笑

また現場を離れるために
どんどんスタッフに患者さんを
譲っていかなければいけない…

そんなときに、
色々試行錯誤した結果が、
このトークネタです。

とくに、
常連さんが多い、
もっとファンを増やしたい、、
現場を離れたい、、
でもなかなか患者さんを手放せない…

そんな場合は
ぜひご覧になってくださいね!

↓ ↓ ↓
その3《常連編》

もし先生方も
口ベタ攻略法をお持ちでしたら
ぜひ僕に教えてくださいね!

PS
「あらかじめ話すネタを決めておく」
「何回も繰り返す」
「慣れる」

※ネタは患者さんと先生にメリットのあるもの

これが患者さんの前での「口ベタ」を解消する
ひとつの王道かと思います。

技術の王道も同じ。
まずは「あらかじめ話すネタ」にあたる、
【検査法】を理解すること。