あがり症の克服方法

上野淳 2015.04.07

from上野淳

告白します。
僕はひどい「あがり症」です。


見えない?
よく言われます(笑

いまでこそ、
動画配信したり、
セミナーや人前で
お話しするような機会も増えましたが、

正直、、
毎回毎回、胃が痛い(苦笑

そもそも、
実は患者さんの前ですら、
超、緊張しいです(とくに初回は…)

とくに、
描いてた流れと違う…
やばい、時間が…
あれ?なんか言いたいことがまとまらない…

こんなときは、

脇汗、
背中汗、
冷や汗ダラダラ。

「繰り返していれば、慣れる」
と、どっかで聞いた言葉を信じて
これまでいろいろやってきましたが、

こればっかりはホント、、
どうにもならないですねー。。

なので最近は、
「慣れる」ことを、
あきらめちゃいました。

【あがり症でもいいんじゃない?】
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

だって、
人間だもの(笑

結構この業界で
長くやっていても

「患者さんと喋るのが苦手」

「人前で話すことが苦手」

僕も含めて、
そんな先生って
多い気がします。

そんな自覚があるあなたへ
僕の経験から一言。

「緊張しなくなる」
ことをあきらめましょう!

「人見知り」
でも大丈夫!

「思い出して悩む」
そんなことはやめましょう!

なんてったって
国王だって大丈夫だったんだから!
※映画「英国王のスピーチ」より

あなた自身の
【自分の言葉】
で話しましょう。

あなた自身の
【患者さんへの想い】
を話しましょう。

あなた自身が
【必ず約束出来るもの】
をもとに話しましょう。

リピートをしてもらうには、
患者さんへの想いを、

リピートした場合に
あなたが必ず約束出来るサービスを、

あなた自身の言葉で、
伝える必要があります。

あがり症でも良いんです。

緊張しいでもいいんです。

拙い言葉でも、
一生懸命伝えれば、
響いてくれます。

むしろ、
緊張しているだろうに、
こちらのことを一生懸命考えて、
がんばって話してくれてる、、

そんな必死な人のほうに、
人は心惹かれますよね?
そんなものなのです。

だから、
何事もサラッとやれてしまい
熱を感じない人より、

不器用ながら、
必死に言葉を紡ぐ人の方が、
意外にファンが増えたりします。

TOPセールスマンには、
意外にも口ベタ、
人見知りの人が多いです。

だから彼らは、
扱っている商品が誰より目の前に
お客さんに役立つよう、
深く深く洞察して言葉を紡ぎます。

だからこそ、
お客さんはそのセールスマンに
ついて行きます。

もしあなたが
施術でもなんでも
TOPセールスマンのようになりたいのなら、

あがり性や
口ベタなことを隠さずに、
最初に言ってしまえばOK!

そして本気で正直に、
向かい合っている人に役に立てるよう、
「あなた自身の言葉」を紡ぎましょう。

口ベタだからって、
まったくしゃべらないのはNG!

「わたしのために、
 一生懸命しゃべってくれている
 口ベタな人」

あなたの患者さんや
大切な人にとっての
そんな人になりましょう。

大切なのは、

「想いを伝える」

コミニュケーション。

人前が嫌いだろうが、
あがろうが緊張しようが、
伝えたい内容があるなら
下手でも自分の言葉で話します。

だから、
緊張で冷や汗ダラダラかきながらでも、
僕はセミナーや臨床の現場に立ちます(笑

あがり症で人見知り治療家の方は、
お友達になりましょう^^
メッセージお待ちしてます。