めんどくさい仕事をワクワクさせる2つの方法

上野淳 2014.11.11

from上野淳

先日、
某スタッフとの
企画系打合せでの一コマ。

「それって業務時間内にやるんですか?
 業務時間内だと他の仕事も忙しくてなかなか出来なくて…」

うん、
そうだよね。。

確かに、
今やろうと思ったら
業務時間内では無理かもなあ…

でもなあ、、

どっちかっつーと
ワクワクするような
プランですよ?

業務、、
というより遊び?
自己満足??

みんなを応援するような
企画プロジェクトなのに…

「業務」かあ…

なんで、
不安そうなんだろ??

捉え方の違いとはいえ

「スタッフ×経営サイド」

のマインドの隔たりを
感じた瞬間でありました。

ん?
でもなんか
デジャヴ、、

この間、
熊谷のメルマガに僕のことが
書かれていましたが、
(最近上野が邪魔者扱いする、、とかなんとか苦笑

まさに、
このことか??

【全体図、見せてる?】
ーーーーーーーーーーー

往々にして、
経営サイドは
売上を上げるための企画を考えることが大好き。
というか、それが仕事。

でも実際
中間管理職スタッフ、
現場作業するスタッフの側からすると

「仕事が増える」ケースがほとんど。

だから、
正直「またか、、」
なんて思っちゃうわけです(苦笑

でも経営サイドからすると
「これって面白くない?!」
みたいなワクワクした高いテンションだから、

どっちかというと
みんなにもノリノリで
盛り上がって欲しいわけです。

でも、
期待に反して
「うーーん」
みたいな空気になる。。

あれ?みたいな、、

これは、
言ってる側は
未来の全体図をすでに描いているからワクワクし、
楽しそうな所だけをピックアップ、
最短距離で伝えたい!、、

受け取る側は
断片的な情報から想像される
未来の管理作業面を描いているから
テンション下がる、、

そんな構図です。

スタッフ管理や教育の現場では
こんなことが日常茶飯事です。

だから、
かならず気をつけなければいけないことは、、

「まずはスタッフに全体図を把握させる」

こと。

その仕事の中で、
自分はどの位置にいるのか?
どんな役に立てるのか?
何をどの順番で行っていくのか?

これらが明確になることで、
はじめてスタートラインです。

霧の中では
どっちに進んでいいかわからないのに
ただがむしゃらに前へ進ませようとしてはいけません。

接骨院や整体院の経営も同じこと。

とくにスタッフを抱えている先生は
なんとなくわかりますよね。

まずは
全体図を見せること。

がむしゃらに
ただしゃべらせたり、
ひたすらマッサージさせたり、
とにかく売らせたり、
新しい技術をただ叩き込んだり、、

こういったことをすると、
スタッフは疲弊してしまいます。

だって霧の中で
常に不安を抱えて
進んでいるわけですから。

患者さんもそうですが、
もっとも嫌なことは、

「不安」

を抱えたまま
前に進むこと。

まず全体図を教えて、
その後必ず一個一個を明確にし、
クオリファイ(確認)をとり
不安を解消しながら前に進みましょう。

あなたは今日どんな全体図で施術するのか?
まずこれをして、
次にこれを、
さらにこれをこうして最後に○○、、
これは~~のためにやります。
これはこういう理由で、、
大丈夫ですか?

面倒くさい?

そう、
王道はめんどくさいものです。

でもあなたがセールスマンで
高いものを売ろうと思ったら、
数分のセールストークでは買わないでしょ?

お客さんは
しっかり説明されたものを、
しっかり納得出来たから
高いお金を払うんですよね。

とくに自費で高いお金を払ってもらいたいと思うなら、
あなたは高額商品を売るセールスマンと同じ。
こういったマインドや購買心理を知っておくことが
必ず必要になってきます。

もっとも高い障壁、、
「不安」を取り除く
たった2つの方法。それは、、

・全体図を説明すること
・一個一個クオリファイをとること

今すぐに出来ますよね。
理想をいえば、ここのシステム化。

まだの方はぜひやってみて!

PS
集客、リピート、、
企画なのか、管理なのか、作業なのか…

スタッフを動かすには
今どの話をしているのか
明確にする必要があるんだけど、、

ん!
全部一連でやっちゃってる!!汗

自分も過去そうでしたが
一人治療院の先生方って
1人でこれ全部、やってるんですよね。。
改めて頭が下がります。

お互い過労には気をつけましょうね。

PPS
王道とはめんどくさいもの。

でもリピートについての王道は
ここに全部書いてありますので、
あとはその通りやるだけです。