ヒーローになるための原則

上野淳 2014.05.20

from上野淳

みなさん
「タイガー&バニー」
というアニメ、知ってます?

通称タイバニ、
ちょっと前のアニメですが
最近は映画化もされた人気アニメです。

これがめっちゃ面白いとのことで、
久しぶりに「大人借り」して一気に観てみました。

たまには
アニメにどっぷり、、
ってのもいいもんですね。

今日はそこから得た気づきを
みなさんにシェアしてみたいと思います。

このタイバニ、
いわゆるヒーローもの、
なのですが、設定がちょっと変わっていて面白い。

なんでも、
仕事が「ヒーロー」。

ヒーローなのに
スポンサーは企業。
企業にも「ヒーロー事業部」なんてのがある(笑

だからヒーローのスーツには
たくさんの企業ロゴが、、

なかにはそのロゴがカメラに見切れるためだけの
ヒーローなんかも(笑

ヒーローも何人もいて、
ポイント制の成果主義。

ヒーロー番組もあり、
彼らの行動は視聴率がとれるように計算されている。

なんともはや、現代風。。。

さらに主人公のワイルドタイガーは、
ちょっと「落ち目」のヒーロー。
人気も実力も下降気味。

バツイチ、子持ち。
企業からはクビをチラつかされ、
子どもからは忙しいことを責められる。。

でも主人公は、
人一倍熱い想いを胸に、
日々結果をあまり残せなくても、
困っている人たちのためにがんばり続ける。

そんな主人公には、
追い打ちのように加齢による
「能力減退」が、、

そんな、、
設定のストーリーです。

ついに、
ヒーローもサラリーマンか(笑
アニメって言うより、現代人間ドラマ??

でもこれ、
人ごとじゃないよな。。。
なんて思いながらみてました。

【ヒーローたる原則】

このアニメを見ていて、
この仕事でしみじみで良かったな。。
と思ったのは、

「加齢による能力減退」

がほとんど無い、
ということ。

基本僕たちの仕事は
年齢を経れば経るほど、
というか知識や臨床経験を積めば積むほど、、

「研ぎすまされて」

いきますよね。

スポーツ選手や芸能人など、
若さや肉体に依存した仕事は必ず、、

「旬」

が有ります。

スポーツをやっていた人ならわかりますよね。

一流であればあるほど
賞賛されているときと、
賞賛されなくなったときの落差。

数年前まではキャーキャー言われていたのに、
今では。。。

そのときの
精神的な孤独感や
絶望感たるやきっと相当なものでしょう。

たくさんの芸能人や有名人などが
お酒や麻薬といったものに
逃げてしまいたくなる気持ちも、

きっとそういうものに押しつぶされて、、
なのでしょうね。

それが若さや肉体能力に依存していたならば、
もう取り返しがつかないわけですからね。

たとえば僕たちに置き換えるなら、
数年前まで患者さんがたっっくさん来ていたのに、
今では。。。なんて場合。

結構悩まれている先生方も多いと思います。

でも僕たちは好運なことに、
いくらでも取り返しがつきます。

なぜなら、、
若さや肉体ではなく、
知識や経験によって、、

「研ぎすます」

ことが出来るから。

基本的に臨床技術は
やればやるほど磨かれていきますよね。

いや、マッサージは肉体勝負だよ、、
力が無くなって来たことが患者さんが減った原因なのでは、、
昔より人数をこなせなくなって来た、、
パソコンとか集客とか年だから全然わかんないし、、

こんな風に感じる人もいるでしょうけど。

これも幸運なことに、
今では、、

・力を一切入れなくても患者さんを変化させる方法
・肉体勝負以外で患者さんを満足させるマッサージ方法
・人数減、高単価施術へ切り替え成功する方法
・オンライン集客の代行業者

こういったノウハウや業者は、
さがせば山ほど出て来ますよね。

あなたに
「研ぎすます」「行動する」
覚悟があるのなら、

僕たちの業種はいくらでも
取り返しが効きます。

だから、
あと必要なことは、、

あなたを突き動かすための
「熱い想い」はあるかどうか。

どれだけメンタルが強く保てるか。

このアニメの主人公は、
もう取り返せない能力や若さ、、
低くなった人気、、、

自分のヒーローカードはいらないって知らない子どもに言われたり、
愛する娘にはライバルの若いイケメンヒーローが好きって言われたり、、

もう、、目を覆いたくなるくらい(苦笑

それでも、
彼を突き動かすものは、、

【困っている人を助けたい】

そのヒーローとしての熱い想い。
彼のなかの「原則」。

だから、
バカにされても
邪険にされても、明るく強い。
人に関わる道をやめない。

それだけで、
彼はどんなにバカにされても
ヒーローを続ける道を選びます。

あなたにも、
この仕事を選んだ理由、
「熱い想い」がありますよね?

「心がジーーンと熱くなった瞬間」があるから
続けているんですよね?

【困ってる人を助けたい】

僕はこのアニメを見て、
そんな初心を思い出しました。

迷っているとき、
悩んでいるとき、
くじけそうなとき、、

そんなときはあなたの

「原則」

を思い出してみて下さい。
熱い想いや経験があったはずです。
それが、あなたが行動できるための「キー」です。

あなたの初心はなんですか??

患者さんにとって、
僕たち治療家はある意味ヒーローみたいなもん!

患者さんのために、
自分自身のために
ヒーローであり続けるために、、

たまには初心に返って、
あなたのうちなる熱い想いを
思い出してあげてみて下さいね!

そして日々、
研ぎすましていきましょう!
加齢とともに(笑

PS
あなたを技術でも知識でも経営でも
研ぎすましてくれる、、
そんな場所。そして仲間。

ここにはそれが両方有りますよ。

PPS
この「タイバニ」の主人公
「虎徹」のひたむきな姿は、

今をがんばるあなたの支えになる、、かも!

今なら共感出来るシーン多々。。
最近は日常の人間くさいシーンのほうが
心がじーーんと熱くなります。

そんなシーンがいっぱい。

それにしても、
あれだけ叩かれてるのに腐らない
主人公のメンタル的打たれ強さ、
苦笑いからの立ち直り早さ、、ハンパない。。

最終回でのセリフは、
本当にシビレます。

こんな30代、
かっこいいわーーー
憧れるーー


それにしても、、
全力でアニメについて
熱く語ってしまった(苦笑

そんな仲間も、募集中です(笑)