億万長者分析論2

上野淳 2014.06.17

from上野淳

ビッグプロジェクト始動中!

こんな書き方をすると
大げさかもしれませんが、
けんこうラボでは今水面下で大きな動きが進行中です。

それはね、、
ABCセラピー×○○○


というのは、
まだまだ先のお楽しみなんですが、

今回は他社とジョイントして
それをすすめていくにあたり、
先日名古屋の某豪腕社長との打合せの席に
同席してきました。

この会社は
幅広く美容や健康に関する商品を取り扱っていて、
年商は150億くらい。

しかも一代(10数年っ)でここまで築き上げたとのこと!
凄っ!!

さらに、
経常利益が30億以上という優良企業です。
利益率20%…すごい数字だな。。。

こんな企業の社長さんですから
さぞかし切れ者か…

でも実際お会いした社長は
想像していた人物像と全く違っていました。

【ブレない原則】

この社長、
一言で言うなら、
「アツい」。

暑苦しい、、
とは全然違う。
爽やかさをはらんだ、心地よい熱さ。

いわゆる、
少年のような人。

どのぐらいアツいかと言うと、
当初全員が3、40分ぐらいかなーと思っていた面談。

実際かかった時間は、
なんと3時間以上(笑
あっという間に、そんな時間になっていました。

現状決まっているだろう
商品プレゼンやマーケティング戦略は言うに及ばず、
そのバックで進んでいる企業秘であろうプロジェクトや地域貢献活動、
今後のプランや社長個人宅の改装の話まで…

同席した役員が
「全部、、話しはりましたね。。(笑」
と失笑するくらい。

それはそれは、、
豪快で面白い話を
たくさん聞かせていただけました。

正直に告白します。

実は僕たちも
「ウチの商品のラインナップを増やせればいいかな~~」
程度の軽い気持ちで会いにいきました。

でも、、
描いているビジョン、
貫いているポリシー、
そしてなにより社長の人柄。

…魅せられてしまいました。

この社長、
話している感じが、
社長っぽくない。
まるで親戚のおじさんの様(笑

ふるさとのこと、
自分の昔のこと、
大切にしているもの。

【自分自身のルーツや原則】

そういったものが
商品の開発ストーリーやプレゼンの場で
見え隠れする。

ただそれを懐かしむとかではなく、
自分自身やビジネスの軸としているからこそ、
きっとそう感じるのでしょう。

名著「7つの習慣」のなかで
スティーブン・R・コヴィーも行っていますが、

【原則中心に生きること】

これが非常に大切であり、
難しいところ。

人は、
どうしても
「自分自身の原則」以外のものに流されやすい。

お金や家族、
恋人や仕事などなど…

「自分」でコントロール出来ないもの

を含むものを中心に据え、
そういった外部要因に
振り回されてしまいやすいものです。

だから、
行動に置ける軸は

・困っている子どもたちのため
・笑顔のため
・故郷のため
・親孝行のため
・人に喜んでもらうため

などなど、、
「普遍的な原則」
をもって、

迷ったり、
判断すべきときの基準にすること、
と説いています。

他人に左右されることのない
【ブレない軸】。

それが他人を魅了し、
スタッフをけん引する
あなたの強力な魅力となるようです。

さぁ
あなたにはどう?

あなたのプレゼンは、
どれくらいの熱を帯びてる?

相手が時間をワープしたような、
そんな錯覚に陥るほど、
熱く、魅力的なものなら、、

あなたの院へのリピートという「行動」は、
約束されたようなものです。

あなたがホームページや
チラシに載せているメッセージは
あなたの熱い想いを反映していますか?
あなたが院をやっている「ブレない原則」を見え隠れさせていますか?

あなたが院をやっている意味、
またはこの仕事をしている意味。

まずはそこに、ブレない軸を作ること。

これさえ決まれば、
あなたのプレゼンに俄然熱がこもります。

この社長のプレゼンのように、
僕のような冷めた取引先も
叩き起し、行動する気にさせられるでしょう(笑

まだその軸や原則が無いのなら、
見つからないのなら、、
自分自身の過去を深堀りしてみて下さい。
ここにヒントがたくさんあります。

それでもダメなら、、

ここから先は僕の個人コンサルティングで
お伝えしますね。

PS
施術はいわば
あなた自身のプレゼンの場。

患者さんをぐいっと引っ張り込むだけの
フックになる技術。
これに勝るものはそうそう無いのでは?